『「あだ名」禁止の教育にもの申す! ~ニックネーム(愛称)による教育を推奨する提言!~【前編】』

【学校で「あだ名」が禁止?】

近年、小学校などで生徒(児童)が友だちを「あだ名」で呼ぶことを禁止する動きが広まっている。
あだ名をつけることが「イジメにつながる」という理由であだ名を禁止する学校が増えている。

ご意見番の子どもの頃と違い、昨今の学校現場では教師が児童(生徒)を名字で「○○さん」と呼ぶ。
だが、児童同士では、「呼び捨て」または「あだ名」が普通である。
「あだ名」を禁止するとは、子どもに大人のようにふるまえということなのか?

茨城県水戸市の水戸英宏小学校では、子どもたちは授業中だけではなく、休み時間もお互いに「さん付け」で呼び合っている。

水戸英宏小学校の野淵光雄教頭はこう語っている。

あだ名で呼び合うことによって差別化が生まれ、スクールカーストにつながってしまうイジメが発生しやすい状況を作ってしまうんです。でも、さん付けで呼び合うと子ども同士の関係が対等になるので、お互いを尊重し合う関係になる。開校から大きなイジメが発生したことは1度もありません」

(英宏小学校は、学校法人緑丘学園が運営する私立小学校)

【「あだ名」禁止の理由は?】

《「あだ名」禁止の理由》

英宏小学校などの学校であだ名を禁止する理由は、「あだ名をつけることがイジメにつながるから」である。
実際に過去に自殺につながったイジメ事件などで「嫌なあだ名で呼ばれた」という被害者の報告がある。

《「あだ名」禁止の動き》

全国教育問題協議会によると、あだ名禁止の動きの経緯は以下の通り。

学校での「あだ名禁止」の動きは、イジメ全盛の1990年代後半から見られ始めた。
イジメ事案では「嫌なあだ名で呼ばれた」という被害者の言葉が必ず出てくるのでイジメ防止の観点から「あだ名禁止」の気運が高まった。
2013年施行のいじめ防止対策推進法、2017年発表の国のガイドラインを受け、イジメの早期発見のために子どものあだ名や呼び名に気を配ることが重視されるようになった。
学校で男女ともに「さん付け」が主流になった背景はLGBT(性的少数者の総称)の主張が拡大し、ジェンダー尊重の考え方が出てきたり、「さん付け」で子ども同士のトラブルが減ったという教師の報告もある。

【「あだ名」禁止の世間の反応は?】

「あだ名禁止」の世間の反応は賛否両論に分かれている。

《「あだ名」禁止に賛成の声》

「あだ名」禁止に賛成の意見は?

「コンプレックスを持つ特徴をあだ名にされてしまう」
「嫌な思いをしなくて済む」
「子どもの身を守ることになる」

など。

《「あだ名」禁止に反対の声》

「あだ名」禁止に反対の意見は?

「学校が決めることではない」
「あったほうが親しみを感じやすくなる」
「コミュニケーションを円滑にする」

など。

《嫌なあだ名をつけられイジメを受けた経験がある中川翔子さんの意見》

芸能界からも意見が出されている。
「しょこたん」というニックネームでおなじみの中川翔子さんは、中学生時代に「ゲロマシーン」というあだ名をつけられイジメを受けていた体験を明かしている。

当時、胃が弱くストレスから嘔吐してしまうことがあり、それがきっかけであだ名をつけられたという。
中川翔子さんは、その心の傷は今も癒えておらず、乗り越えられていないと語っている。

注目すべきはこうした経験を持つ中川翔子さんが「あだ名禁止」に反対していることだ。
中川翔子さんによれば、嫌なあだ名をつけられて傷ついた以上に、あだ名(この場合はニックネームをさす)に救われた経験があるからだという。

中川翔子さんはこう語った。

「私は反対、ちょっと極端かなと思います。『しょこたん』というあだ名に感謝しています。多くの人に知ってもらうことができたし、今の子どもたちも『しょこたん、がんばれ!』って言ってくれる。」

「だから、あだ名が悪い、とかそういうことではないと思います問題は攻撃する人がいる状況。そこに先生がもうちょっと個別に向き合えないのかな」

「あだ名=イジメじゃない」

【「あだ名」を推奨する学校もある】

《「あだ名(ニックネーム)」を推奨する学校》

あだ名禁止をする学校が増えている一方で、反対に積極的に「あだ名」を推奨している学校もある。
長野県にあるグリーン・ヒルズ小学校では、児童間だけではなく、教師に対してもあだ名で呼び合う。

グリーン・ヒルズ小学校の田中節子副校長はこう語っている。

「みんなで呼ばれたい名前、呼びたい名前を相談します。ニックネームで呼び合うことで親近感や連帯感が生まれます」

「○○さんと呼べばイジメがなくなるという問題ではない。物を取り合ったりしている時、呼び方がニックネームから呼び捨てになりケンカ腰になるということもあります。教師が『本当にいい呼び方だったのかしら?』と問いかけ、クールダウンして考えてもらいます」

(グリーン・ヒルズ小学校は、学校法人いいづな学園の私立小学校)

【全国教育問題協議会からの苦言】

一般社団法人全国教育問題協議会常任理事の山本豊氏の見解を紹介する。

「こういう禁止は馬鹿げているし、実効性がない」
「学校がいくら禁止しても、あだ名はなくならない。それは子どもたちのコミュニケーションにとって不可欠なツール(道具)だからだ」

「学校で教師が見ている場所では、あだ名を使わなくても、子どもたちは、おけいこ事、学習塾、あるいは郊外で遊んでいるときには、あだ名で呼び合う」

「児童間で『さん』『くん』と呼ぶことを義務づけるのも間違っている。丁寧な言葉を使っていても、腹の中では相手を馬鹿にしている慇懃無礼(いんぎんぶれい)な人間を筆者は外務相で多数見てきた」

「小学校のころからミニ外務省のような文化を身につけても、善い大人に育つとは思えない。あだ名を禁止することが教育だと考える発想に根本的な間違いがある

「子どもの言語表現については、他者に危害を加えるものを除いては自由にするべきである」

「人の名を呼ぶときは男も女も『さん』と呼びなさい。あだ名は禁止ですと指導する教師にその理由を聞くと『丁寧な言葉遣いはイジメ防止になる』そうだ」
「しかし、子どもは先生の前では言わないけれど、同級生同士は、うまいあだ名をつけるのが自然であろう。」

「文科省のトップだった前川喜平氏の座右の銘は『面従腹背』。つまり『表は笑顔で接するが、腹の中は反抗する』だが、本音と建て前を子どものうちから使い分ける教育にならないか心配だ。もちろん『チビ』『デブ』といったあだ名は禁止するのが当然であろう」

(一般社団法人全国教育問題協議会公式ホームページより)

【「あだ名」と「ニックネーム」の違いとは?】

「あだ名」と「ニックネーム」はどう違うのか?

日本語と英語の違いじゃね~の?
なんて言わないでくださいね!

《「あだ名」とは?》

〈辞書に載っている意味では〉

「あだ」とは他・異の意。本名とは別に、その人の容姿や性質などの特徴から、他人がつける名。ニックネーム。

〈ご意見番が考える意味では〉

「あだ名」とは、身体的特徴、個性などから基本的に他人が勝手に付ける「呼び名」。
他人が勝手につける名なので、そこに嫌悪や貶める意図を含む場合と好意や善意を含むものの両方が混在する。
要するに、自分で名乗る名ではないというもの。

そして、「あだ名」には、本人が公認する「あだ名」と、本人が否定する「あだ名」がある。
公認と言っても、積極的に良い名だと感じるものと、仕方がないので渋々認めている、あるいはそう呼ばれても放置している、というものもある。
渋々か喜んでかの違いはあるものの、本人が認めている「あだ名」がある。

それに対して、侮蔑的意味や差別的意味を含むあだ名もある。
これは当然イジメの一形態である。

「あだ名」を認識するにあたって重要なことは、「他人が勝手に付ける名である」ということだ。

《「ニックネーム」とは?》

〈辞書に載っている意味では〉

とくに親しみを込めて対象を呼ぶために用いられる本名以外の名。
愛称、あだな(渾名、綽名)。

〈ご意見番が考える意味では〉

「ニックネーム」とは、基本的に他人が好意的につける呼び名
または、本人が自分で自分を表現するためにつける名

ただし、広義には「良い意味のあだ名」は、この「ニックネーム」と同義となる場合が多い。
つまり、「あだ名」ではなく、「ニックネーム」と呼ぶ場合、そこに好意(愛情)や良い意味での個性の表現があるということ。

〈「徒名・仇名(あだな)」と「綽名・渾名(あだな)」の違い〉

一口に「あだ名」と言っても漢字で書くと「仇名」「徒名」「渾名」「綽名」と4種類もある。
この4つの中で、「仇名」「徒名」は、悪評(悪い意味)や事実無根の評判、男女関係についての噂を意味する語で、本来の「あだ名」である「渾名」「綽名」とは意味が異なる。

要するに、「あだ名」という言葉には「悪い意味」と「良い意味」、または「他人を貶す表現」と「他人に愛情を示す表現」との2種類がある、ということだ。

中川翔子さんの例で言えば、「ゲロマシーン」が「あだ名(本人非公認の)」で、「しょこたん」がニックネームとなる。

要するに、「あだ名」と違って「ニックネーム」には、悪意や差別的意味は、ほぼ含まれないということだ。

(注)本当は、「あだ名」も「ニックネーム」も同じ意味ですが、あくまでも実際に使用されている生活実感、実際のニュアンスから考えたものです。

《仮想世界やSNS上ではニックネームが当たり前の社会となっている》

「あだ名」が嫌なものであるならば子どもたちは本名以外でなんと呼ばれたいのか?
実は、子どもたちは本名以外の名で呼ばれるという体験をすでにしている場合が多い。
それがゲームやSNSの世界だ。

インターネットの掲示板やmixiなどの時代から本名を使っている人はほとんどいない。
ハンドルネーム、ニックネームを名乗り、呼び合うものだ。
事実、ブログ運営やYouTubeでも本名を名乗っている人は非常に少ない。
ブログやYouTubeで本名を名乗っているのは、すでにその名を知られている芸能人(ただし本名を使っている芸能人)か、ビジネスをしている人たちに限られる。
趣味や娯楽などのブログやYouTubeでは、ほぼニックネームで運営されている。

そこに何があるのか? というと、
「本名とは違うニックネームを持つことによって別人格になれる」
「親しみやすさを演出する」
「自分で自分を表現する喜び」
なのだ。

日本にはすでに「源氏名文化」が根付いている。
「あだ名」が禁止だとすると、自分で名乗る「ニックネーム」も禁止なのか?
良い意味を含むあだ名には、本人が発想できない名前が付けられることもあり、それが喜びをもたらすこともある。
また、明らかに親密感も高まる。
いくら「あだ名」を禁止しても「ニックネーム文化」「源氏名文化」を否定することは現代社会では不可能だ。

後編に続く。

最後までお読みいただき、ありがとうござりんした!


最新情報をチェックしよう!