MONTH

2023年1月

『パチンコの闇4 ~参考書籍「脱パチンコ」からの学び【人生転落のきっかけ編】 パチンコは犯罪に一番近い場所!~』

賭博とは、客に「儲かるかも!」という妄想を抱かせ、最終的に「損させる」ものであり、賭博に依存させることで胴元が繁栄するシステムなのです。 胴元の発想とは、「自分だけおいしい思いをするが、客の人生の幸不幸には責任を取らない」というものです。 つまり、パチンコが賭博であるという事実が人間を不幸にする原因なのです。

『「コロナ死」と判定すれば約50万円支給される! ~これはもはや国家的な医療詐欺(不正)レベルの話である!~』

「厳密な死因を問わず『コロナ死』にカウントしてよいとの通達を医療機関に出した」ということは政府がコロナパンデミックを作り上げているということ以外のなにものでもありません。 国民の死の原因を科学的・医学的に正確に調べもしないことは本人と遺族への冒瀆です! 科学・医学の常識を無視した暴挙は「偽装」という言葉こそふさわしい! 偽っているということが正しい認識です。

『パチンコの闇3 ~参考書籍「脱パチンコ」からの学び【不条理編】 ~パチンコの不条理を知ることが脱パチンコへのスタート点』

パチンコがなぜ不条理なのか? それはパチンコが「初めから不利な条件で勝負させられている」からです。 パチンコ店は「儲けを先に引いて営業している」からです。 そのカラクリが「交換率という不条理」なのです。 客が逆立ちしてもどうにもならない「交換率」という、必ず利益をあげるための仕組みを使って「商売」しているのです。

『全体主義社会(政治)の足音が聞こえる! ~年頭のあいさつに代えて(所信表明)!~』

政治家に必須の条件は、「国民の声を聴くこと」です。 民主主義社会にあって、議論が分かれている問題、科学的に最終的解明がついていない問題等において国民が発する意見や主張を政治家が無条件で否定することや弾圧することはあってはならないのです。 重要なことは、フェイク、デマに関して第一にチェックされ規制されなければならないのは「政府」及び「行政」が発信する情報です。 第二にチェック、規制されなければならないのは「メディア(マスコミ)」です。 国民による個人的見解や感想は“最後”です。 いま、全体主義の足音がはっきりと聞こえています。 あなたには聞こえませんか?