CATEGORY

驚愕

『イルミナティの真相に迫る!【メッセージ編】~真実を追求する自由~』

彼らは結局、「血族主義」であり、民主主義とは反対の位置にいる者たちなのです。 彼らにとっての民主主義とは、特定の血族(王の子孫)が世界を支配するための騙しのシステムでしかないのです。 数で優る大衆を操作するために思想戦を仕掛け、大衆を愚民化し、それによって血族による完全なる世界支配を創り出そうとしているのです。 自由を守るためには嘘を見抜くことが必須であり、真実の追及こそ正しさの証明なのです。

『イルミナティの真相に迫る!【フリーメイソン編】~フリーメイソンが描く世界とは?~』

単なる石工が秘密結社を創るはずがないでしょう! ということを理解しない人が多くいると思われます。 たとえ古い時代には石工の職業をしていたとしても、“単なる石工”ではないと考えるべきなのです。 イルミナティには、「緊急戦略」というものがあります。 イルミナティに「緊急戦略」があるということは、下部組織であるフリーメイソンにもあると考えるのが自然でしょう。 いわゆる偽装による統制強化作戦です。

『イルミナティの真相に迫る!【イルミナティ編】~真のイルミナティとは?~』

イルミナティとはアダム・ヴァイスハウプトが1776年に創設したのではなく、太古の昔から何らかの形で存在していたと考えるべきでしょう。 また、イルミナティと呼ばれている秘密結社は“一つではない(ヴァイスハウプトが創設した団体だけではない)”と考えられます。 イルミナティの中核(本丸)は何なのか?

『イルミナティの真相に迫る!【内部告発者編】~内部告発者レオ・ライオン・ザガミ氏とは?~』

WHOによる世界独裁体制の構築、グローバリストによる世界政府の樹立と戦うための最深部(本丸)には「宗教的真理」が必要であることを、日本の皆様に知って欲しくて今回の記事を書きます。 WHOによるパンデミック条約及びIHR改訂という新世界秩序に向けた動き(流れ)に抗うためには、その“奥の奥”にある秘密結社について知ることが必須となります。 その秘密結社とはフリーメイソンであり、イルミナティです。

『グローバリストの正体ここにあり!【後編】~悪魔の策略とは?~』

唯物論者では、悪魔と戦えません。 科学万能主義では、悪魔に勝利することはできません。 カルト宗教の信者は、悪魔の信徒でしかありません。 学問に長じているだけでは、悪魔を最終的に倒すことはできません。 自由と慈悲によって世界を創ることを唱える者こそが正しき神の使徒なのです。 見つけてください。

『グローバリストの正体ここにあり!【前編】~フリーメイソンが信じる神の正体とは?~』

真実を知ることは、いままで信じてきた価値観が崩壊します。 真実を掴むことは、ときに痛みをともないます。 しかし真実を見抜くことこそ、真の反グローバリズム精神であることを知るべきなのです。 そこに自由の戦士が現れ、正義が実現するのです。 グローバリズムとは「悪」なのです。 信じるか信じないかはあなた次第ですが、信じない人には対グローバリズム戦の最終的な勝利を得ることはできないでしょう。

『ニュルンベルク綱領、コロナワクチン投与した医師が死刑執行!?【後編】~ニュルンベルク綱領とヘルシンキ宣言を守ることは医師の義務!~』

ニュルンベルク綱領の原則とは、「被験者の自発的同意が本質的に絶対に必要」だということです。 mRNAワクチン接種政策において、本当に接種者が完全なる自発的同意をしていたと言えますか? 実質的に詐欺的(騙し)あるいは誘導された状況下においてワクチン接種してしまった、というのが現実に起こったことです。 ヘルシンキ宣言では、「私の患者の健康を私の第一の関心ごととする」ことを医師に義務づけ、「医師は、医療の提供に際して、患者の最善の利益のために行動するべきである」と宣言されています。 日本において、「私の患者の健康を私の第一の関心ごととする」ではなく、「私の懐(ふところ)の利益を私の第一の関心ごととする」医師や病院がいることが判明しています。

『ニュルンベルク綱領、コロナワクチン投与した医師が死刑執行!?【前編】~世界が大きく変わる可能性を秘めた「大きなシグナル」~』

この情報が本当であった場合、mRNAワクチン接種に関する医療倫理の「ファーストペンギン」となる可能性があります。 重要な点は、たとえ軍事裁判であったとしても、mRNAワクチンを人間に接種することは人道に反する(ニュルンベルク綱領違反または生物兵器を使用した罪)と判断された実際の実例であるということです。 今後のワクチン接種政策に大きな変化をもたらす小さくとも威力のある“シグナル”あるいは“予兆”となりうる可能性があります。

『メディアは嘘をつくのが当たり前である!【後編】~真実と正義を求める勇者たちにエールを送る!!~』

重要なことは、「正しい判断をするためには正確な情報が必要」だということです。 もし、インプットした情報が間違っていたならば、アウトプット(判断、行動)も間違ってしまうのです。 ネットを中心として、真実を隠蔽する巨大な力に抵抗する“真実の使徒”がいるのです。 真実と正義を求める勇者にエールを送る!!

『メディアは嘘をつくのが当たり前である!【前編】~大手メディアの情報には印象操作、情報操作、嘘(フェイク)、そして洗脳情報がある!~』

「真実」とは探さないとみつかりません。 棚ぼた式におちてくるものでもなく、気がついたらそこにあるものではありません。 「嘘」という表現の中には、「語らない情報」も含まれます。 語らない情報があることで、結果的に“騙す”、あるいは間違った見解に“誘導”する、という手法があるのです。 何を語ったのか、何を語らなかったのか、これを探求しなければメディアが流す情報操作によってミスリードさせられてしまいます。