AUTHOR

tsubasa

『コロナワクチン接種後の帯状疱疹はmRNAワクチンの副作用! ~コロナワクチン接種後の帯状疱疹の皮疹にスパイクタンパクが確認された!~』

「ワクチン接種後に皮膚症状が発現した患者の皮疹部を調べた結果、COVID-19のスパイク蛋白が検出された」。 つまり、コロナワクチン接種後の帯状疱疹はワクチンの副作用ということが医学的・科学的に証明された、ということです。

『コロナワクチン接種をした人でも生き残れる可能性があるかもしれない! ~断食・節食によって遺伝子情報を書き換えられた細胞が赤血球に戻る=助かる?!~』

「断食や節食をすることによってコロナワクチン接種によって汚染された細胞(遺伝子情報を書き換えられた細胞)が遺伝子情報を持たない赤血球に戻るから、コロナワクチン接種をした人も助かる可能性がある」 コロナワクチン接種によって健康を損なった人、接種後に不安と恐怖を抱えている人にとっては、朗報になるかもしれない、ということなので試してみる価値はある。

『スパイクタンパク質の毒性を厚労省は昨年の春に既に知っていた! ~厚労省の官僚の9割がコロナワクチン接種をしていない理由とは?~』

これだけ新型コロナワクチンに関する危険情報が出回っているにも関わらず、いまだに接種を希望する人がいるのには驚愕しかありません。 いつの世でもそうですが、真実を掴める人もいれば、真実と嘘がわからず騙される人もいるものです。 その原因が、いまだに厚労省や一部の政治家の御用報道機関が真実を捻じ曲げているからです。 真実の情報をデマ扱いし、ワクチン接種をさせるための洗脳情報を垂れ流しているからです。

『mRNAワクチンを打った人は5年以内に〇〇する?? ~コロナワクチンに潜む真の狙いを見抜け‼~』

mRNAワクチンを打つべきかどうかの議論はいまだに喧々諤々争っていますが、意外にシンプルな答えがここにあります。 開発者が「打つべきではない」と言っているのですから「打つべきではない」というのが答えです。 単にmRNAワクチンは害である、というだけではなく、その奥にある真の意図と見抜くことが重要です。 なぜならば、その意図はワクチン以外の問題とも密接に結びついているからです。

『全国有志医師の会が緊急声明を発表! ~5~11歳の子ども達にコロナワクチン接種の「努力義務」を課すことに抗議する!~』

5~11歳の子ども達にコロナワクチン接種が必要かどうか? 答えはとても簡単です。 「風邪と大差ない感染症」には必要ない! 騙されてはいけません。 利益よりも患者の健康を第一に考える医師たちの発信する情報を判断基準にしてください! 「仁の心」を持つ医師の言葉を信用してください。

『5~11歳の子どもを持つすべての保護者が聞くべきmRNAワクチン発明者の“声明”とは? ~子どもへのコロナワクチン接種を検討するならば、ロバート・マーロン博士の声明を聞くことは必須!~』

ロバート・マーロン博士が主張しているように、「遺伝子ワクチンの技術はこれまでに適切に試験されてこなかった」ならば、なおさら安全性が担保されるはずがありません。 そもそも実験中(治験)のワクチンを「安全です」という方がどうかしています。 それこそ非科学的な発言です。 mRNAワクチンは、「人類史上、最も過激な医学実験」なのです。