『TVプロデューサーの「過剰な演出は“やらせ”ではない」発言に反論する!【後編】 ~リアリティー番組において「過剰な演出は“やらせ”である」!~』

メディア業界には「やらせ=視聴率を取るために必要な演出」と考える思想(文化)が根付いている。 「過剰」「演出」「やらせ」という3つの言葉の意味を読み解いていくと、明らかになる論理がある。(リアリティー番組が話の前提です) それは「過剰な演出」=「やらせ」という公式である。

『TVプロデューサーの「過剰な演出は“やらせ”ではない」発言に反論する!【前編】 ~「演出」と「やらせ」の区別がつかないTVプロデューサーにもの申す!~』

要するに「出演者が視聴者を意識」することは、「リアル」の世界から「やらせ」の世界へ一歩足を踏み入れることになるのです。 この問題に対して身内であるTVプロデューサーから援護射撃をすることが、この寄稿の真の目的(意図)であると、ご意見番は判断します!

『全国民が知るべき新型コロナウイルス感染症対策における東京都の嘘と情報操作!【後編】 ~小池都知事は独裁者気質!~』

東京都(=小池都知事)としては、明確に、公式に訂正発表、謝罪声明をしていない。 なのに、タレントが東京都を批判すると、噛みついて訂正と謝罪を求める。 これが意味するものは、「小池百合子氏の独裁者気質」である。

『全国民が知るべき新型コロナウイルス感染症対策における東京都の嘘と情報操作!【前編】 ~東京都民は、小池都知事に騙された!~』

物事を対処するのに、正確な情報に基づかなければ正しい判断をすることは不可能である。 東京都(=小池百合子都知事)は、最初の緊急事態宣言延長前に、新型コロナウイルス感染症患者の入院患者数を実際よりかなり多く発表していた。 同時に、病床確保数を過少に発表(報告)していた。 つまり、東京都における感染症対策(医療崩壊の危機)が逼迫しているような発表をしていた。 だが、小池百合子都知事(東京都)は、自ら訂正および謝罪をしていない。

『フジ・メディア・ホールディングス(FMH)が放送法の外資規制違反! ~放送事業者の外資規制は、国家安全保障の問題!~』

なぜ東北新社のBSは外資規制違反で免許取り消しなのに、FMH(フジテレビ)には、免許取り消しの処分が下らないのでしょうか? 放送事業者の株式の外資比率は、一企業の問題では無く、国家安全保障の問題である! 速やかに放送事業の免許取り消しの処分を総務省(総務大臣)はするべきである。

『「ブラック校則」がはびこる“もう一つの理由”とは? ~ご意見番による学校改革の提言!~』

実は、もうひとつ組織運営上の大きな問題点があります。それは、学校というものが、「軍隊方式」となっていることです。 正確に言うと、学校の運営方式が「軍隊を模倣している」ということです。 日本の教育は、「やってはいけないこと」つまり、禁止事項を学校が勝手に規定し、それを破ることに対して積極的に反応するという「禁止事項列挙型のネガティブリスト方式教育」なのです。

『木村花さんを誹謗中傷した男性、出廷せず! ~悪質で卑怯な人間には徹底的な制裁を!~』

「見ず知らずの素性もなにもわからない存在から攻撃される」という恐怖と苦しみである。 「心の価値」を認める社会にならなければ、ネット上の誹謗中傷もなくならないし、そうした事案が裁判で正しく裁かれることはないだろう。 少なくとも“億”の損害賠償が請求できるようでなくては社会から誹謗中傷によって自殺する人を救う力とはならないだろう。

『新疆ウイグル自治区の人権侵害の問題は日本にとって“踏み絵”である! ~岐路に立つ日本にもの申す!~』

中国との経済的理由を、ウイグル族への虐殺よりも優先する発想は許されるものではありません! 法律が存在しないなら、「立法する」、それが議員の役割(仕事)でしょう? 制裁を加えようとしている対象国と意思疎通を図るバカがどこにいる? 10年後、20年後の日本の未来がかかっている分岐点に現れた「踏み絵」が、ウイグル自治区の問題なのだ.。

『プラスチックのスプーン有料化は愚策中の愚策!【後編】 ~小泉進次郎環境大臣にもの申す!「庶民イジメのバカな法案は即刻やめなさい!」~』

進次郎氏に質問する! どこの誰が「いつ洗えるか分からないマイスプーンを持ち歩くのですか?」 想像力の欠如という言葉では、表現しきれない! 進次郎氏の言葉を聞く限り、判断を知る限り、政治家としての資質はあまりにもなさ過ぎる。 逆に、庶民を苦しめる存在としかなっていない。