『河野太郎議員よ! 国民の声をよく聞け! ~非民主義的政治家、河野太郎議員にもの申す!~』

河野太郎氏の主張には科学的根拠がありません。 すべて政治的イデオロギーからの発言です。 根拠もなく決めつけて相手を黙らせようとする幼稚な話術です。 レッテルを貼って叩き落す姑息な弁論術です。 河野太郎氏の弁論術は「ストローマン論法」と言われているものです。 国民の声に耳を傾けず、高圧的に国民を抑え込もうとする河野太郎氏は、民主主義的な性質を持つ政治家ではありません。

『新型コロナワクチン接種同意書の隠れた真意を読み解く!』

嘘ではないが正確で正直な表現ではない、というものです。 自分たちの非は隠しながら、相手の責任を暗に匂わせる、というものです。 これは官僚の常套手口です。 それは「国民目線ではない」ということ。 この同意書全体を通して言えることがあります。 「国民の立場に立っていない」「国民の救済を本気で考えていない」ということです。

『新型コロナウイルス対策の抜本的変更とコロナワクチン接種の即時中止を北海道有志医師会が求めた! ~3回目接種(ブースター)が必要ない理由とは?~』

いま、多くの人たちが「コロナワクチン接種の危険性」、「コロナウイルス情報の欺瞞」に声をあげています。 いまの世の中で、自分と家族の健康と命を守るために必要なものは、「真実を求める心」です。 だから、真実を求めてください。

『新型コロナウイルスはRNAウイルスではなく、DNAウイルスだった! ~厚生労働省が隠蔽していた衝撃の事実とは?~』

RNAウイルスは変異が多く発生するが、DNAウイルスは変異が少ない。 中国論文では新型コロナウイルスの塩基配列は、アデニン(A)、グアニン(G)、シトシン(C)、チミン(T)で構成されていることになっているのです。 ウラシル(U)ではなくチミン(T)なのです。 つまり、ウラシルが入っていないのでRNAウイルスではなく、DNAウイルスであるということを科学的に示すものです。 真実を国民に隠すことは明らかに罪なのです!!

『予防接種健康被害救済制度の問題点を指摘する! ~厚生労働省は速やかにコロナワクチン接種被害者を救済せよ!~』

コロナワクチンが緊急使用ならば、予防接種による健康被害の救済制度も緊急の適用でなければならない。 いま必要な政策は、3回目のワクチン接種ではなく、すでに起こっているmRNAワクチンというワクチンではない薬剤による健康被害を救済することです!!

『イギリスの政府機関が発表した陽性率、入院率、死亡率の真実とは? ~自然療法士ルイさんからの警鐘!~』

ワクチン未接種者よりもワクチン接種者の方に約5.6倍も多く陽性者が出ている。 ワクチン未接種者よりもワクチン接種者の方に約2.4倍も多く入院者が出ている。 (共に18歳未満の人を除いた数字) ワクチン未接種者よりもワクチン接種者の方に約4倍も多く死亡者が出ている。 (陽性と診断後60日以内のデータ) この数字が意味することはなんでしょうか?

『mRNAワクチンはワクチンにあらず! ~世界的製薬会社バイエルの医薬品部門責任者の衝撃発言とは?~』

「mRNAワクチンは、ワクチンではなく細胞・遺伝子治療だ」 バイエルの医薬品部門責任者の発言によって、“公式に”「mRNAワクチンがワクチンではない」と言うことが全世界に知れ渡ったのです。 「短期間で数万人を死なせてしまった食品を食べたいと思うか?」 そこには単なるパンデミック対策(感染予防)という意味ではない“何かが存在している”とみるべきでしょう。

『コロナワクチン接種後のアスリートの死亡が頻発している!』

プロのスポーツ選手が試合中にコンディションを崩す、あるいは倒れるという事態は通常では“ありえません”。 しかし、コロナワクチン接種が進んだ世界中にて、スポーツ選手が試合中や練習中に死亡または倒れるという現実が頻繁に起きています。 「運動中、心原性突然死のケースは稀だ(心臓専門医)」

『実名、顔出しでイジメと闘う佐藤和威さんにエールを送る!【後編2】 ~イジメ撲滅を阻害する要因(大人たち)とは?~』

イジメ問題の最深部とは、「イジメ問題に深く関わろうとしない教師」の問題である。 イジメをする人間に共通する要素がある。 それは「悪いことをしても悪いとは思わない」ということと「悪いことを指摘されても反省しない」ということ。 反省して改めるのではなく、「自己弁護」「自己防衛」に励む傾向がある。 善悪の区別がつかない子供を育てた責任は親にあり!

『実名、顔出しでイジメと闘う佐藤和威さんにエールを送る!【後編1】 ~裁判の限界と裁判官に潜む問題とは?~』

イジメ被害者が教師(学校側)に申告、相談しない原因は被害生徒にあるのではなく、教師(学校側)にあるという認識が正しい教育の姿勢であり、ことの是非の判断である! 重要なことは「真面目な人がバカを見る社会」「悪いことをした人が罰せられない社会」「落ち度のない被害者が救済されない社会」は人間不信と社会不信を生み出す、ということだ。