『アメリカ大統領選のバイデン(民主党)による選挙泥棒にもの申す! ~いま起きていることは民主党(アメリカ)による大統領選挙の乗っ取り!~』

アメリカ現地時間の11月4日の深夜に異変が起きていた。 その異変とは? ウィスコンシン州とミシガン州のバイデン候補の票が突然増え始めたのだ! いま起きていることは「民主党によるアメリカ大統領選挙の乗っ取り」である。

『「あだ名」禁止の教育にもの申す! ~ニックネーム(愛称)による教育を推奨する提言!~【後編】』

イジメの根本は、子どもたちが持つ残忍性から発生する。 その残忍性は人間としての未熟さからくる。 その未熟さを育て指導するのが教師の役割だ。 あだ名で呼び合うから差別化が生まれるのではなく、本人が嫌がるあだ名をつける人間に差別意識や嫌悪感情があるから差別(イジメ)が生まれるのだ

『人の死をもてあそぶYouTuberにもの申す! ~現代社会に巣食うユーチューバーという「鬼」を退治せよ!~』

「人は死してもなお、尊厳が与えられるべきもの!」です。 人の死を食い物にしてYouTubeの再生回数を稼ぎ注目を浴びようとする行為は「鬼」の所業である。 人ではなく「鬼」である。 であるならば、「鬼滅の刃」をもって成敗する必要がある。

『NHKの暴挙(テレビ受信設備届け出の義務化)にもの申す!【後編】 ~受信料制度で成り立っているNHKを解体・再編成する経営の大改革を提言する!~』

ここで注目しなければならないのは、NHKが「任意の受信契約」という言葉を使用していることだ。 任意とは、当事者(契約を結ぶ側)の同意をもって成り立つという意味である。 こうした時代に「現時点のような公共放送」は必要ないというのが、ご意見番の主張である。

『NHKの暴挙(テレビ受信設備届け出の義務化)にもの申す!【前編】 ~NHKの制度改正(要望)はプライバシー侵害にあたる!~』

NHKは、「個人のプライバシー」よりも、NHKの経費削減、受信契約の増加を重視しているのです。 つまり、「テレビ設置義務化」と「個人情報を公的機関などに照会できるような仕組みの導入」というのは、「個人のプライバシー」を侵害し、「自由な個人の生活」に土足で足を踏み入れることなのです。