『自由と人権そして国家の主権を守るためにWHOのパンデミック条約及びIHR改訂反対の国民運動を起こすべき!【後編】~自由と人権、そして未来の子供たちのためにWHO脱退を!~』

国際連合というディープステート組織がある限り、ディープステートの地球統一政府樹立の企みは終りません。 地球統一政府樹立の企みが終らないということは、民衆の自由と人権は侵害され続けるということです。 ディープステートの支配が完成するのか民衆がディープステートを打ち負かすのかという世界を巻き込む戦いがいま起きているのです。 この戦いに引き分けはありません。 どちらかが勝利するまで戦いに終わりはありません。 我々にとって有利なことは、圧倒的に数(人の)が上回っていることです。

『自由と人権そして国家の主権を守るためにWHOのパンデミック条約及びIHR改訂反対の国民運動を起こすべき!【前編】~プランデミックの意味とは?~』

「言論」とは刃に匹敵し、「真実」は闇を消す光線と化すのです。 自由とは誰かから与えられるものではなく、誰かから奪うものでもないのです。 自由とは、沈黙の中では育たず、権力に抗うことで維持されるものであるのです。 真実を求める精神なくば、真実は永遠に見えないのです。 真実を見つけるということは、騙し(嘘や間違い)を見つけるということでもあるのです。 嘘を見抜けない者に、真実の扉は開かないのです。

『国会議員などの特別公務員は帰化した履歴を明らかにせよ!【後編】~特別公務員帰化法の制定を求める!~』

帰化すること自体は誰でも可能であり、国籍の選択は個人の自由であるとされている。 しかし、一般人とは異なり権力者である国会議員または公人である特別公務員には、一般人の帰化とは違った法制度が必要である。 その理由は、「国家防衛のため」である。 国家権力の中枢に工作員や反日思想者を入れないための法整備である。 個人としては反日思想であっても「思想の自由」として認められたとしても、公人であり権力者である国会議員などの特別公務員に反日思想者が存在することは、国家滅亡論以外の何ものでもない。 それは自由ではなく、国家防衛論及び国民守護論がその自由に優先する。

『国会議員などの特別公務員は帰化した履歴を明らかにせよ!【前編】~日本に帰化した履歴を隠して選挙に出ることはとんでもない間違い!~』

やましいことがないのならば、正々堂々と元の国籍を公表できるはずです。 「公表しない(帰化を隠す)」ということ自体に“おかしさ”や”疑惑“が含んでいるのです。 やましいことがないのであり、日本のために働きたいのであれば、国籍の履歴を隠す理由はないはずです。 一方、国民の側も、元の国籍を知った上で日本国民は議員として受け入れ、仕事を与えるべきなのです。 何も隠すことではないのです。 隠すということ自体がやましいことであるのです。

『高血圧にかんする本当の話!【後編】~高血圧の人が増えた理由とは?~』

多くの国民はCOVID-19によって知ったのです。 一部の医師や学会などは、仁の心をもって病気から人々を救うことよりも利権や利益を優先していると。 医療界には、患者目線の真の医師と、儲けや名誉を優先する偽の医師がいることを。 真実をどこまでも追い求める科学者(医学)と真実を捻じ曲げる科学者(医学者)がいることを。

『日本を滅ぼす三つの巨大な嘘とは?【後編】~三つの巨大な噓の真の目的とは?~』

三つの嘘の根底にある嘘があります。 それが「東京裁判史観(日本人悪人史観)」なのです。 日本人は悪い、日本国は残虐行為をした、という「日本=悪の論理(嘘)」です。 もう、お人好しは捨てるべきです。 もう、洗脳から目覚めるべきです。 DS(グローバリスト)の嘘を見破り、抵抗せずば、日本は消滅し、植民地となるでしょう。

『日本を滅ぼす三つの巨大な嘘とは?【前編】~嘘を嘘と言えないならば、臆病で卑怯なこと!~』

いま、日本人に必要なことは、噓を嘘と声高に叫び、真実を明らかにすることなのです。 嘘をつき続けて真実のようにさせてはいけないのです。 嘘は百回言っても“嘘”なのです。 保守とは、日本国の国体や伝統、文化を“保つ”という意味であり、日本国民の命と財産、権利や国家の主権を“守る”という意味です。 ですから、日本国に存在する保守勢力が、アメリカ政府の巨大な噓による属国扱いをされてもなお噓を正さないならば、誰も日本国を守る者がいないということなので、他国による侵略を受けて国家滅亡しても当然だということです。

『政治家の責任の取り方について!~大手メディアの偽禊(みそぎ)作戦に騙されるな!~』

裏金を作った、国家を危機に陥れる法律を作った、国民の声を無視して国民を苦しめた。 この責任の取り方は「議員辞職」しかありません。 それだけ政治家という仕事は重い責任を持っているのです。 政治家個人の犯罪は、民間人と同じく法律に照らして裁くことは当然です。 政治家は法律だけではなく、憲法という法の縛りがあり、憲法違反した政治家にも議員辞職を要求するべきなのです。

『日本大好き外国人と迷惑外国人とを区別するべき!~日本に害をなす外国人を強制送還せよ!~』

大量の移民が入り込むと、必ずその国家の秩序は乱れます。 犯罪が増え、伝統や価値観が破壊されます。 これは多様化などという詭弁で済ませられるものではないのです。 日本という伝統ある国家の存続と日本人のアイデンティティの問題なのです。