『日本を滅ぼす三つの巨大な嘘とは?【前編】~嘘を嘘と言えないならば、臆病で卑怯なこと!~』

いま、日本人に必要なことは、噓を嘘と声高に叫び、真実を明らかにすることなのです。 嘘をつき続けて真実のようにさせてはいけないのです。 嘘は百回言っても“嘘”なのです。 保守とは、日本国の国体や伝統、文化を“保つ”という意味であり、日本国民の命と財産、権利や国家の主権を“守る”という意味です。 ですから、日本国に存在する保守勢力が、アメリカ政府の巨大な噓による属国扱いをされてもなお噓を正さないならば、誰も日本国を守る者がいないということなので、他国による侵略を受けて国家滅亡しても当然だということです。

『政治家の責任の取り方について!~大手メディアの偽禊(みそぎ)作戦に騙されるな!~』

裏金を作った、国家を危機に陥れる法律を作った、国民の声を無視して国民を苦しめた。 この責任の取り方は「議員辞職」しかありません。 それだけ政治家という仕事は重い責任を持っているのです。 政治家個人の犯罪は、民間人と同じく法律に照らして裁くことは当然です。 政治家は法律だけではなく、憲法という法の縛りがあり、憲法違反した政治家にも議員辞職を要求するべきなのです。

『日本大好き外国人と迷惑外国人とを区別するべき!~日本に害をなす外国人を強制送還せよ!~』

大量の移民が入り込むと、必ずその国家の秩序は乱れます。 犯罪が増え、伝統や価値観が破壊されます。 これは多様化などという詭弁で済ませられるものではないのです。 日本という伝統ある国家の存続と日本人のアイデンティティの問題なのです。

『SDGsの「嘘(矛盾)」に騙されるな!【後編】~地獄への道は善意で敷き詰められている!~』

人間は小さな嘘には気がつきますが、巨大な嘘には騙されてしまうのです。 政府がつく嘘、国際組織がつく嘘、世界的企業がつく嘘。 まさか、そんなはずが…。 陰謀論などという言葉はすでに死語です。 世界の裏側には陰謀が渦巻いていることを知るべきでしょう。

『SDGsの「嘘(矛盾)」に騙されるな!【前編】~SDGsとは、「嘘」と「矛盾」だらけの国連主導の国際的ルール!~』

あなたは「SDGs」とは何かを説明できますか? 「SDGs」とは何かを理解していますか? 「SDGs」という目標が達成されたとき、世界がどうなるかわかりますか? もし、正確に理解していないし、説明も出来ないのに、SDGsを“良いもの”として受け入れているのならば、それは「洗脳されている」のです。 重要な観点は、「地球に優しいこと」は、「貧しい人たちにとって優しいことではない」ということです。

『地方自治体法改正の“廃止(撤回)”を求める!【後編】~地方自治法改正は「地方自治の本旨(2つの原則)」に反し、憲法第92条に違反しているので無効!~』

岸田政権が行おうとしている地方自治体法改正は明確に「地方自治の2つの原理」に反しています。 これが意味することは、“法への反逆”なのです。 地方自治体が住民の自由意思に基づくならば、その権限は「国政において尊重されなければならない」のです。 それが現在の法秩序です。 つまり、岸田政権がやろうとしていることは、独裁国家への歩みなのです。

『地方自治体法改正の“廃止(撤回)”を求める!【前編】~自公連立政権の目指す政治は「独裁体制」! 国民は断固反対するべき!~』

「国会議員が国民のために働かず、私腹を肥やし、血税を海外に垂れ流す政治家が存在することこそ非常時(非常事態)である」。 国家権力が強大になり独裁政権に近づくことこそ“非常事態”であり、国民にとっての危険なのです。

『ナチスはグローバリズムではない!【前編】~ナチズム(ナチス)とグローバリズムの違いとは?~』

タイトルを見て、当たり前じゃないか! と思いましたか? でも、あなたはナチスとグローバリスト(DS)の違いを説明できますか? ナチスのような独裁主義とグローバリズムの違いを理解していますか? 完璧! と思う方はこの記事は不要でしょう。 何が言いたいのか、と興味をお持ちの方は、どうぞ読み続けて見てください。

『IHR規則(第55条)違反の改正案決議は無効‼~国際ルール違反のWHO(決議)に従う義務はない‼~』

それでも言う。 真実は真実。 事実は事実。 嘘は百回言っても嘘。 一部に正論があってもその裏にある嘘を見抜けない言論人は、結局、民衆を地獄へと導く案内役にしか過ぎない。 論理をすり替え、詭弁を吐く者を信用した者は必ず身を滅ぼす。 正義は真実に裏付けられてこそ「正しさ」を持つ。 愚民とされた民衆と嘘を見抜けない言論人、そして嘘をつく政治家が合わさったとき、国家の滅亡が訪れる。