『YouTubeチャンネルの収益を保護団体に寄付したサンシャイン池崎氏に、あっぱれ!! ~これが正しいYouTubeチャンネルの運営方法だ!~』

サンシャイン池崎氏のYouTubeチャンネルの運営は、まさに理想的なYouTubeチャンネルと言えるでしょう。 正しい目的と動機であるならば、YouTubeチャンネルで利益を得ることは正しいことであり、運営者が繁栄することは肯定されるべきである。 アチキがいつも思うことは、「人間は人間だけのことを考えていればそれでいいのか?」ということです。

『体操着の下に肌着を着用することを禁止する指導はセクハラ教育! ~ブラック校則問題やセクハラ教育が平然と学校で起こる根本の理由とは~』

「胸の成長」を確かめるというのは、「セクハラ」以外の何ものでもありません。 どんな教育上の名目もそこには入りこめません。 一般社会では立派な「性犯罪」となります。 なぜ、「肌着着用禁止」などという呆れた指導(人権無視の指導)がなされるのでしょうか? なぜ、「茶髪禁止」「白の下着以外禁止」などというブラック校則がはびこるのでしょうか? それは、「学校現場を牛耳っているのは社会主義思想(全体主義思想)」だからです。

『対テロ用の最先端技術は兵士を進化させると同時に市民を危機に追い込む! ~未来にある危機~』

嘘ではなく、実際に透明マントを作る実験が進められています。 対テロ用のシステムとして「壁を透視する機器」が開発(カメロ社)されています。 これらの話はフィクションでもなく、映画の世界だけの話でもありません。 近い将来に起こり得る「人類の危機」なのです。

『新型コロナウイルスと遺伝情報が96.2%一致するコロナウイルス(RaTG13)こそパンデミックの起源! ~新型コロナウイルスに関する重要情報とは?~』

武漢ウイルス研究所では、2013年に雲南省で発見されたRaTG13と呼ばれているコロナウイルスの研究を行っていました。 このRaTG13(コロナウイルス)は、新型コロナウイルス( SARS-cov-2 )と遺伝情報が96.2%一致するウイルスなのです。

『福島県浪江町の帰還困難区域で置き去りにされた猫を救済する加藤栄さんにエールを贈る! ~置き去りにされた猫(ペット)を助けない行政(人間たち)とはいったいなんなのか?~』

そして、震災10年目にさまざまな人たちが、さまざまなことを思うだろうが、アチキは飼い主に見捨てられて絶望の状態となった猫たちのことを思う。 飼い主と会えない寂しさと、空腹を抱えた猫のことを考える。 置き去りにされた猫の命を救うために人生の全てを掛けた加藤栄さんの「優しさ」と「強さ」を胸に刻みたい!

『政治家は上を向いて自分の言葉で語りなさい! ~政治の主役は政治家か?それとも官僚か?~』

はっきり言おう! 「官僚の答弁書(回答書や資料)などを下を向いて読んでいるだけの政治家はいらない」 「他人の考えや判断を伝えるだけの政治家は必要ない」 政治家の発言は、「すべて国民に聞かれている」「すべて国民へ届けるものである」ということを忘れてはいけないのです。

『新疆ウイグル自治区はウイグル人に対する最先端監視システム(AI)の実験場 【後編】 ~中国共産党政府による超監視社会は世界征服への布石~』

今日も、今夜も、強制収容所の中で恐怖に怯えているウイグル人がいるのです。 冷たい鉄格子のなかで絶望を抱え、生きる力を失いつつある人がいるのです。 突然、家族と引き裂かれた人たちが毎晩涙にくれているのです。 自由と人権を一方的に奪われて、明るい未来(明日)を描けない大勢の人たちがいるのです。 これを見て見ぬふりをするならば、大和魂そこになし!!

『新疆ウイグル自治区はウイグル人に対する最先端監視システム(AI)の実験場 【前編】 ~ウイグル人の運命を変えたのは習近平国家主席~』

どこにいても盗聴される。 あなたが外出すると、そのすべてを見られている(監視されている)。 あなたが姿を消してもニュースにならない。 あなたはそんな生活に耐えられますか? そんな国に住みたいですか? 「もともとウイグル人には人権はない。だから『侵害』はない」 それが中国共産党政府の本音です。