『実名、顔出しでイジメと闘う佐藤和威さんにエールを送る!【中編】 ~学校側と保護者には、本当に責任がないのか?~』

「私は、12歳だった当時の僕のため、そして、同じようにイジメ被害に苦しむ人のために、もう一度、勇気を振り絞って闘いたいと思います。この裁判を通じて、イジメで苦しむ子が少しでも減るような世の中になることを心から願っています」 「市側にあった加害行為(安全配慮義務違反)は認められませんでした。第一審と同じように、“こういう被害行為にあった子どもは、死んだほうがいい”と言われているようなもの。このような判決だと、当時の自分を含め、同じような被害にあっている子というのは救われることはない」

『実名、顔出しでイジメと闘う佐藤和威さんにエールを送る!【前編】 ~これはイジメと呼ぶべきではなく、犯罪と呼ぶべき(一審裁判)~』

「イジメ」とは何でしょうか? 「イジメ」は、なぜなくならないのですか? 「イジメ」はどうすればなくなるでしょうか? 2013年3月に当時の教育長は記者会見で以下の発言をしている。 「本件はイジメではなく、犯罪である」

『COVID-19の秘密とインフルエンザの驚愕の仮説とは? ~「新型コロナ」も「インフルエンザ」も人口の管理と削減を目的とする地球規模の計画?~』

「COVID-19(コロナウイルス)は『人口知能による予防接種を識別する証明』という意味です」。 つまり、「未来社会における超監視社会が始まった」ということです。 「どうして、同時にインフルエンザがなくなるのでしょうか?」 「毎年インフルエンザがばら撒かれているとは考えられませんか?」。 インフルエンザがまるでスイッチを押した(ON,OFF)ように消えたりするのならば、人為的な何かがあるという仮説も十分にあり得ます。

『モンタニエ博士とチャールズ・ホフ博士からの警告! ~コロナワクチンの危険性を警告する世界的権威の頭脳(見解)を誰が否定できるのか?~』

モンタニエ博士は「こんなことは狂気の沙汰です。キチガイいじみたワクチン接種を私は絶対に非難します」と警告しています。 モンタニエ博士の警告が導き出す答えは「一定数の人口を削減するためにワクチンという凶器が使用された。それも医学の仮面を被った偽装をして」ということです。 つまり、コロナワクチンそのものに血栓を作り出す作用があるということです。 これを隠すために政府とメディアは「副反応」という用語を使用しているのです。

『オーストラリアベテラン看護師の告発! ~真に国民の命と健康を守らない政策には声をあげるべき!~』

ワクチン接種していないから、病院が受け入れない。 ワクチン接種していないから、手術はしない。 これらのワクチン未接種者への差別は許されません。 世直しご意見番として、強く言いたいことがあります。 すでに何度も指摘していますが、「COVID-19の治療にイベルメクチン及びヒドロキシクロロキンを使用する」ことです。

『印象操作、世論操作するコロナワクチン情報に国民は、もう騙されない! ~大阪大学忽那教授の主張に国民は抗議の声をあげた!~』

ワクチン接種とは、接種する人自身が自分の命と健康を守るために自ら判断して決めるものです。 誰のためでもありません。 自らの意思によって、自分の命と健康を守ることです。 忽那教授への反論である程度、主張を崩しましたが、忽那教授の発言を信用しなくていい論点を提示します。 それは忽那教授がワクチン接種後の被害を「副反応」と呼んでいる点です。 すでに多くの国民がmRNAワクチンの危険性と厚生労働省の欺瞞に気がついています。 いまさら、印象操作や世論操作をしても遅きに失したと言えます。

『新型コロナワクチンの副作用報告の80%が女性? ~SARS2及びmRNAワクチンは生殖機能不全を引き起こす?~』

みなさんご存知だと思いますが、厚生労働省にはワクチンの有害事象報告(副作用被害)が定期的に資料として提示されています。 注目すべきは、報告の中で死亡事例や症状が重いとされたり未回復の事例に「女性」が圧倒的に多いことです。 COVIDワクチンが精子、卵子、胎盤のシンシチンおよび生殖タンパク質と交差反応し、出産性の低下と生殖および妊娠の結果の低下につながると信じる確かな理由があるのです」 嘘か本当か、あなたが判断してみてください。

『歌手浜崎あゆみさんがコンサート後に意識不明となり緊急搬送! ~コロナワクチン接種を隠す報道にもの申す!~』

浜崎あゆみさんは、11月6日のコンサート当日以前にコロナワクチン接種をしていた、という情報がある。 コロナワクチン接種後の副作用によって、めまいや痺れなどの症状がでることが多く報告されている。 浜崎あゆみさんが意識不明となり緊急搬送されたと報じられたときに、アチキの記憶では「ワクチン接種後に」という内容があったはずだ。 それが後にほぼ「ワクチン接種した」「ワクチン接種後」という言葉がテレビなどのメディアから削られているのはなぜか? そもそもワクチン接種をしたことに触れない報道は、悪意がある。 真実はどこにある?

『政府よ、マスコミよ、専門家よ、ワクチン接種被害者たちの悲痛な声を聞け!2 ~厚生労働省のツイートの欺瞞、ワクチン接種のミスを追求する!~』

それでもメリットの方が多いという主張は、「多少の死亡者などの被害がでても、それが割合的に少数派であれば、多数派の予防効果があるとしてワクチン接種に意味がある」という全体主義的発想でしかない。 つまり、少数の命と健康に被害が出ても全体の予防となればそれでいい、という判断をしているということになる。 ワクチン接種の副作用によって健康被害がでるかでないか? ワクチン接種のミスによって健康被害がでるかでないか? それは接種者にとって、それがすべて(100%)の出来事である。