『新疆ウイグル自治区の人権侵害の問題は日本にとって“踏み絵”である! ~岐路に立つ日本にもの申す!~』

新疆ウイグル自治区などの人権侵害に対して欧米諸国が制裁措置を発動!

《欧米各国が人権侵害をする中国に制裁措置》

中国共産党政府の新疆ウイグル自治区での人権侵害に欧米などが制裁措置を発動した。
中国共産党政府の人権侵害を非難して制裁を始めたのは、アメリカ、カナダ、イギリス、EU(ヨーロッパ連合)など。

これらの中でも際立っているのがイギリス政府である。
イギリスは、3月22日、中国の新疆ウイグル自治区の当局者に対し、資産の凍結渡航禁止などの制裁を発動した。

これに対して中国共産党政府は、制裁に対する報復(制裁)を発動した。
(別の項に記載)

(情報は、「NHK NEWS WEB」)

《ジョンソン首相のツイート》

イギリスのジョンソン首相は中国政府が報復の動きを見せたことに対して、Twitterに以下の内容を投稿した。

「中国に制裁を科された議員や市民は、ウイグル族に対する人権侵害に目が向けられるようにするために重要な役割を果たしてきた」

ジョンソン首相は、中国共産党政府に報復(制裁)を科された人々を断固支持する姿勢を見せた。

《ラーブ外相の声明》

イギリスのラーブ外相も中国共産党政府の報復措置に強く抗議している。

「イギリスは人権侵害の責任者に制裁を科す国際社会の動きに加わっているのに対し、中国政府が制裁しているのはみずからを批判する人々だ」

と中国政府を非難する声明を発表した。

また、

「中国が反論するなら、国連人権高等弁務官が事実を検証するため、新疆ウイグル自治区で調査できるようにすべきだ」

と断固たる意志を見せている。

《制裁の対象となったウイグル専門家、ジョー・スミス・フィンリー氏の言葉》

制裁の対象となったニューキャッスル大学のウイグル専門家ジョー・スミス・フィンリー氏の言葉(ツイート)。

「新疆におけるウイグル族の悲劇について真実を語り良心を持っているために中国政府に制裁を科されるようだ」

「それならそれで構わない。意見を述べたことに後悔はない。沈黙させられることもない」

《制裁の対象となったダンカンスミス氏の言葉》

制裁の対象となったダンカンスミス氏の言葉(ツイート)。

「われわれには、中国政府による香港での人権侵害とウイグル族の大量虐殺非難する義務がある。そのために私が中国の怒りを買ったのであれば、名誉の印として受け入れる」

(情報は、「ロイター」)

中国政府がイギリスへ逆制裁(反撃)に出た!

《中国政府が反撃にでる》

中国政府は、新疆ウイグル自治区の人権侵害問題をめぐってイギリスが自治区の当局者などに制裁を科したことへの対抗措置(報復措置)に出た!

中国外務省は、3月26日、北京に駐在するイギリス大使に抗議するとともに、イギリスの一部の議員(9人)や団体(4つ)などを対象に制裁措置を取ることを発表。
制裁対象者とその家族や関係者に対して中国、香港、マカオへの渡航を禁じ、中国国内の資産の凍結、中国の市民や団体との商取引を禁止する制裁措置を取った。

《中国外務省(政府)の強硬な言い分》

中国外務省は、イギリス保守党のイアン・ダンカンスミス元党首や保守党人権委員会を含む個人・団体が「悪意を持って嘘と偽情報を拡散した」と主張した。

また、

「中国は国家の主権と安全保障、発展の利益を断固として守る決意であり、英国側に誤った道をこれ以上進まないように警告する」

「さもなければ中国は断固として追加措置を講じる」

と強気な姿勢を見せている。

(情報は、「NHK NEWS WEB」)

《新疆ウイグル自治区人民政府の報道官の言い分》

新疆ウイグル自治区人民政府のイリジャン・アナイテ報道官は記者会見で欧米の制裁措置に強く反発した。

「新疆の関係者がウイグル族及びイスラム教を信仰するその他の少数民族の人権を侵害したというEUの指摘は、完全に政治的な嘘で、一部のEUの政治家が新疆ウイグル自治区の発展と安定を損ない、中国の内政に干渉する卑劣な行為を完全に露わにしている。EUの制裁決定は紙くずに過ぎず、こうした行為は、新疆の各民族を含む中国人民の憤りを買うだけでなく、国際社会の大多数のメンバーにも唾棄されるに違いない」

「EUによる新疆ウイグル自治区での大規模な拘束への避難は完全にでっち上げである。新疆は、国際社会のテロ対策の経験と実践に学び、法に従って暴力犯罪やテロ犯罪を厳しく取り締まっているだけでなく、法に基づいた教育訓練センターの設置を通じて過激化除去作業を実施し、テロリズムと宗教的な過激主義を生み出す土壌と条件を最大限に取り除くことに尽力している。自治区内の各民族の労働者は自らの意思で職業を選択できるうえ、各民族の労働者たちの労働報酬権、休みと休暇を取る権、労働安全衛生保護権、社会保険給付権などはいずれも法により保護されている」

なお、新疆ウイグル自治区でウイグル族への虐殺が嘘だという主張の根拠としてウイグル族の人口が増加しているとことをあげている。

要するに、EUなどの主張する新疆ウイグル自治区でのウイグル族への「ジェノサイド」は完全に“嘘”だと言っているのだ。

(情報は、「中国国際放送局」)

アメリカ合衆国(ブリンケン国務長官)の声明!

《ブリンケン国務長官の声明》

アメリカの動きは?
アメリカ合衆国のブリンケン国務長官は3月22日に声明を出した。

「米国はEUの制裁措置を称賛する」
「欧米一体の対応は、国際的な人権侵害に強い警告を発するものだ。我々は志を同じくするパートナーと連携してさらなる行動を起こす」

(情報は、「NHK NEWS WEB」)

はっきり言って、バイデン大統領は、見せかけだけの大統領であり、表向きはEUと歩調を合わせるように見せても、本心は中国を追い詰めたくないはず。
なぜなら、バイデン大統領はオバマ政権時代から中国とは深い結びつきがあるからだ。
そんなバイデン政権の中にあって、ブリンケン国務長官の判断は評価できるものである。

新疆ウイグル自治区の人権侵害に対する日本政府の対応は?

《日本政府の対応は?》

欧米諸国が続々と、新疆ウイグル自治区でのジェノサイドや臓器移植(臓器売買)や拷問などの人権侵害に対して非難の声をあげ、制裁措置を取るなか、日本政府はどのように考え、どう対応を取ろうとしているのか?

結論から言うと、「なにも判断していない」と言える。
というよりも、「判断を避けている」と思える。

だから欧米諸国と足並みをそろえて中国へ制裁措置を取るなどと言うことは遠い話でしかない。
G7(主要7か国)の中で日本以外の各国が「中国への制裁」で足並みをそろえているにも関わらず、日本はいったいなにをしているのか?

日本政府の出した見解では?

「日本政府は、制裁の実施には慎重な姿勢で、中国側と意思疎通を続けながら、状況の改善に向けた責任ある行動を強く促している方針です」

また、茂木外務大臣は、

「国際社会が緊密に連携して中国に強く働きかけていくことが重要だ」

と述べた。

(情報は、「NHK NEWS WEB」)

中国は嘘つき国家であり、悪魔の帝国!

新疆ウイグル自治区人民政府のイリジャン・アナイテ報道官の声明は“嘘だらけ”である。

はじめに言っておく。

「嘘つきは悪魔の始まり」である。
悪魔は、天使や神に対して「お前が悪魔だ」といい、自分のことを「神だと名乗る」。
この「立場を入れ替えて非難する論法」、「ものごとを180度ひっくり返す論法」こそ、悪魔が使う手口である。
白と黒と言い、黒を白と言うのが悪魔の論理である。

イリジャン・アナイテ報道官(中国政府)が主張していることこそ「政治的な嘘」である。
人権侵害、ジェノサイドをしているにも関わらず、それを隠蔽し、開き直り、指摘されると逆切れして、相手を攻撃する。
それが中国政府の行動原理である。

「ジェノサイド」とは、内政干渉ではなく、人類共通(国際的人道上)の問題である。
内政干渉という“逃げ”は国際法上通用しない。
中国人民から憤りを買うのも、国際社会から唾棄されるのも中国共産党政府のほうである。

イリジャン・アナイテ報道官(中国政府)が主張していることは、正当な理論に誤魔化しと虚偽を織り交ぜた「完全なでっち上げ」である。
新疆ウイグル自治区で行われていることは、テロ対策などではなく、中国共産党政府に逆らう存在を抹殺するための実験にしかすぎない。

もう一度言う。
「嘘は悪魔の始まり」である。
中国共産党政府の「虚言(嘘)」は完全に悪魔の論理である!

日本政府の腰砕けは国際社会での“恥さらし”!

《ご意見番による日本政府の対応の判定は?》

日本政府の声明は見事な官僚のお手本台本です!
この内容をご意見番が論破する!

「結論を出しているようで出していない」

「制裁を求める日本国民、中国を非難する国民の感情を受け止めているようで、見事肩透かしをしている」

「立派でごもっともなことを述べているようで責任逃れをしている」

政府が欧米諸国のように制裁措置を取ることに慎重になっていると理由づけているものは?

中国と地理的に近い。
経済面で密接な関係にある。
人権問題を理由に制裁を科すための根拠となる法律が存在しない。

〈論破1〉

「経済面で密接な関係にある」

経済と政治、人権問題と政治は切っても切り離せないものです。
政治と経済を分けて考えるという発想は、政治オンチを意味します。
無能な政治家の台詞でしかありません。
無責任な政治家の言葉です。

日本人は歴史からなにを学んだのか?
日本が太平洋戦争に突入していったのは、ABCD包囲網を敷かれ、経済的孤立に追い込まれ、生き残るためにアジアに石油を求めたことが大きな要因です。
経済と政治、経済と戦争は切っても切れない関係にあるのです。
それを処理するのが政治家です。

中国との経済的理由を、ウイグル族への虐殺などの問題よりも優先する発想は許されるものではありません!

〈論破2〉

「人権問題を理由に制裁を科すための根拠となる法律が存在しない」

考え方が根本からずれています。
この発言はズルい発想であり、誤魔化しの発言です。
法律が存在しないなら、「立法する」、それが議員の役割(仕事)でしょう?

それを「法律が存在しない。だから中国の人権問題に制裁を科せない」?
論理が逆です。
法律が存在しないというならば、とっとと立法しなさい!

〈論破3〉

「中国側と意思疎通を続けながら・・・」

何を言っているのか??

制裁を加えようとしている対象国と意思疎通を図るバカがどこにいる?

なにか?
刑事が殺人犯を見つけて逮捕するときに、事前に犯人と意思疎通をしてから逮捕するのか?

もっともらしい官僚の「逃げの答弁」「誤魔化し論法」「とりあえず世間の非難を避ける発言」は、いい加減に止めなさい!
制裁をする対象国と意思疎通をするという発言は、「私は中国の味方ですよ」と言っているようなものです。

つまり、本当は、日本政府は中国へ身内意識を持っているのです。
それが国際社会では誤りであり、国際社会の非常識であることを知るべきだ!

〈論破4〉

「国際社会が緊密に連携して中国に強く働きかけていく」ならば、欧米諸国と足並みをそろえて制裁措置を取るしかないだろう。
だが、この発言にはそうした意味は含まれていない。
つまり、本当はなにも肝心なことを主張しないハリボテの発言なのだ。

情けない日本政府に強く抗議する!

新疆ウイグル自治区での人権侵害の対応は日本にとっての「踏み絵」!

「新疆ウイグル自治区での人権侵害の問題」は、日本という国家にとっての「踏み絵」である。

「ジェノサイド」とは、人類共通の問題であり、内政干渉などという詭弁は国際法上通用しない。
ナチスが行ったユダヤ人大量虐殺(ジェノサイド)以上のジェノサイドが新疆ウイグル自治区で行われているのにも関わらず、日本政府はそれを見て見ぬふりをするのか?

いま、世界は二分されつつある。
それは欧米諸国のような「民主主義」「自由主義」の国家グループと、中国という独裁国家に隷従する国家グループである。
日本という国家にとって、新疆ウイグル自治区の問題は、国家の岐路を変えてしまうほどの「踏み絵」なのだ。
新疆ウイグル自治区で起きている問題に踏み込むか、欧米諸国と志を同じくして制裁に踏み切るかは、日本の未来を決定づけるものであることを知るべきだ。
日本のバカな政治家も主要なマスコミもそれに気がついていない。

10年後、20年後の日本の未来がかかっている分岐点に現れた「踏み絵」が、ウイグル自治区の問題なのだ。
要するに、日本が未来も「民主主義国家」であり「自由主義国家」であり続けるか、それとも中国の属国または自治区となるかの運命の分かれ道に、いま、差し掛かっているのだ。

新疆ウイグル自治区でのジェノサイドに対してサムライ国家の日本が制裁を加えないということは、中国の仲間だと名乗ったことと同じであり、中国の世界征服の道に協力するという意味でしかない。
それは同盟国であるアメリカ合衆国、及びイギリスなどの西欧諸国と袂を分かち、敵対するという選択なのだ。

日本人は歴史に学ばなければならない。
日英同盟を破棄し、ヒトラーの率いるドイツと同盟を結んだことが日本の悲劇を生んだのだ。

いま、同盟を結ぶべきは中国ではない。
協調するべきは中国ではない。
足並みをそろえるのは中国ではない。
経済的連携を図るのは中国ではない。
いま中国に対して行うべきは、新疆ウイグル自治区のジェノサイドへの制裁であり、新型コロナウイルスを世界中にまき散らした責任の追及である。

近い未来において日本の領土が自治区となる、または日本自体が中国の支配下に置かれる、という悲劇を避ける分岐点に現れたのが「新疆ウイグル自治区という踏み絵」なのだ。

それに気がつかない政治家は国家滅亡に加担する政治家であり、中国の悪行を見逃すという人道上の倫理を日本が捨てたことを意味する。
もう、いい加減に先の大戦による自虐史観を捨て、アジアの平和のため、ウイグル族を救済するためにサムライ魂を発揮するべきである。

日本の有権者は、サムライ魂のある政治家を選ぶべきであり、親中派などという腐った政治家は排除するべきである。

名指しでいう。
自民党の幹事長、二階俊博氏こそ現政権の悪の権化である。
彼は親中派であり、彼が政界で影響力を持ち続ける以上、日本は人権無視の野望を持つ中国に飲み込まれてしまう。

親中派の政治家を一掃せよ!!
それが日本という国家が民主主義国家でありつづけ、法治国家としての生き残る道である!

最後までお読みいただき、ありがとうござりんした!


最新情報をチェックしよう!