CATEGORY

真実と正義を求める!

『スパイクタンパク質の毒性を厚労省は昨年の春に既に知っていた! ~厚労省の官僚の9割がコロナワクチン接種をしていない理由とは?~』

これだけ新型コロナワクチンに関する危険情報が出回っているにも関わらず、いまだに接種を希望する人がいるのには驚愕しかありません。 いつの世でもそうですが、真実を掴める人もいれば、真実と嘘がわからず騙される人もいるものです。 その原因が、いまだに厚労省や一部の政治家の御用報道機関が真実を捻じ曲げているからです。 真実の情報をデマ扱いし、ワクチン接種をさせるための洗脳情報を垂れ流しているからです。

『新型コロナワクチンと‟死亡”の因果関係が初めて認定された! ~死亡に限らず、コロナワクチン接種後に被害を受けた方すべての医療費を政府は負担せよ!~』

国民はこの問題を簡単にスルーしてはいけません。 政府とメディアを追求するべきです。 それが自分たちの命と健康を守ることに繋がります。 政府は、コロナワクチン接種後に死亡した人たち全員に補償金(一時金)を支給するべきです。 なおかつ、コロナワクチン接種後に何らかの疾患を発症し治療した方の医療費を全額負担するべきです。

『「こびなび」は厚生労働省によって創設されたワクチン推進機関? ~こびナビは印象操作によって国民を洗脳する“誘導装置”!~』

こびナビは、ネットのワクチン情報(真実の情報)を「デマにするための役割」を持っているのです。 逆に、テレビ局が流すワクチン情報を信用させる裏付けをつくることで、ネット人を洗脳する役割を持っているのです。

『コロナワクチンは空前絶後の科学的詐欺? ~ライアン・コール博士の衝撃の告発とは?~』

日本におけるワクチン接種後の死亡事例は1,710件。 (ワクチン接種が開始された2021年2月17日から2022年4月29日までの期間) コロナワクチンが科学的に正しいものならば、ワクチン接種後の死亡事例の原因究明をなぜしない? 「科学」と言うならば、ワクチン接種と死亡の因果関係を解明することは必須のはず。 「科学」が万能ならば、コロナワクチンと死亡の因果関係を解明できるはず。 なぜ、反ワクチンとレッテルを貼っているワクチン推進派の専門家たちは、科学的解明を主張しない?

『人類に偉大なる貢献をしたリュック・モンタニエ博士に哀悼の意を表して【後編】 ~モンタニエ博士からのメッセージ~』

リュック・モンタニエ博士の名を人類は決して忘れはしないでしょう。 モンタニエ博士は真実と正義を貫いた科学者として歴史に名を刻んだのです。 願わくば、汚名が濯(そそ)がれ、名誉が回復されることを強く祈念いたいます。 謹んで、モンタニエ博士のご冥福をお祈りいたします。

『人類に偉大なる貢献をしたリュック・モンタニエ博士に哀悼の意を表して【中編】 ~医療従事者及び製薬会社はヒポクラテスの誓いを順守するべき!~』

医学の倫理について話しよう。ヒポクラテスの誓いから始めよう。 我々は倫理を尊重しなければならない。患者を癒し、治療しなければならない。彼らを殺害してはならない。しかし、不幸なことに我々が間違いなくそうやっている。 モンタニエ博士はウイルス学の世界最高峰です。 その方が「SARS2は人口ウイルス」であり「コロナワクチンは毒物」であると言っているのです。

『人類に偉大なる貢献をしたリュック・モンタニエ博士に哀悼の意を表して【前編】 ~人の死に際する報道にもの申す!~』

モンタニエ博士の主張に反論があるならば死去を伝える報道時ではなく、別の機会にするべきです。 それが報道の正しいあり方です。 モンタニエ博士のHIV発見とその後の研究の業績を認めるならば、博士の反ワクチン及び新型コロナウイルスに関する科学的見解を認めるべきです。 モンタニエ博士のこの言葉の意味は、「武士道精神」の現れと言っていいでしょう。 つまり、「死を思って義に生きる」「死を覚悟して奉仕に生きる」「死ぬ覚悟を持って真実を明らかにする」ということです。

『強制ワクチン反対とイベルメクチン有効を主張すると弾圧される? ~COVID-19政策(ワクチン強要)は人権と言論の自由を奪っている!~』

「ワクチン強制接種が間違っていると主張する」 「イベルメクチンがCOVID-19に有効であると主張する」 この2つを主張すると弾圧される。 これは恐ろしい社会になっているということです。 人権と自由が奪われているということです。 「ワクチン接種を強制すること」は人権侵害です。 自由を奪うことです。

『ワクチン接種政策は公明党=創価学会の策略? ~現職の国会議員が「ワクチンは人口削減」と発言した!~』

「食料危機になって困る。だから人口をある程度、削減する必要がある」 「多産多死、多く産んで多く死ぬというのは良くない。だからワクチンを普及させることによって、少産少死、少なく産んで少なく死ぬようにする」 この政治体制は「全体主義政治」です。 全体のために一部の人間を犠牲にする。 地球全体の人口をコントロールするために、一部の人間(罪もない人)の命を犠牲にする、という政治体制です。

『新型コロナウイルス対策の抜本的変更とコロナワクチン接種の即時中止を北海道有志医師会が求めた! ~3回目接種(ブースター)が必要ない理由とは?~』

いま、多くの人たちが「コロナワクチン接種の危険性」、「コロナウイルス情報の欺瞞」に声をあげています。 いまの世の中で、自分と家族の健康と命を守るために必要なものは、「真実を求める心」です。 だから、真実を求めてください。