CATEGORY

真実と正義を求める!

【告発シリーズ2】『新型コロナワクチンは生物兵器? ~世界科学者ランキング上位1%の医学博士がコロナワクチンの危険性を告発!~』

テレビの情報を信用している人たちを中心にして、SARS2(新型コロナウイルス)が「人口ウイルス」=「生物兵器」だと信じられないと思っている人はたくさんいると思われます。 ですが、世界トップクラスにランキングされるアメリカの医学博士の言葉なら、信用しますか? スティーブン・キー医学博士はこう言っています。 「新型コロナは人口ウイルス」 「新型コロナウイルスが実験室で造られた可能性は99.8%」 ビル・ゲイツは過去に以下のような発言をしています。 「ワクチンで地球人口の10~15%を減らせる」 偽装したワクチン(生物兵器)を世界規模で使用するには、世界規模の“なにか”が必要になる。 その“なにか”とは?

【告発シリーズ】『ファイザー社(ワクチンに関する情報)の内部告発は真実を伝えている! ~地位や利益を投げ捨て、命の危険にさらされる内部告発者をなぜ信用しないのか?~』

もし、この情報を知らない人が知ったならば、「驚天動地」となるでしょう。 事情に精通したファイザーの退職者は本当のことを言っている、なぜそう思わないのですか? 重要な点は、イードン博士は「世界最大の製薬会社VIPの地位と巨額の地位を投げ捨てて内部告発をした」、ということです。 黙ってさえいれば巨額の報酬を得て、何不自由なく暮らせるのに、それらを捨て、暗殺の恐怖と不安におびえてでも、内部告発する動機とは、なんでしょうか?

『米共和党議員が「新型コロナの起源 武漢ウイルス研究所調査」という報告書を発表!【後編】 ~新型コロナウイルス(SARS2)が人口ウイルスであり、生物兵器であるということが意味するものは?~』

少しだけ、自慢させてください。 実は、共和党の報告書にある「軍人スポーツ大会」が新型コロナウイルスを拡散させた、ということをすでに以前の記事でご意見番は予測していました。中国共産党の人間の論理術(邪悪な論理術)は、「真実の中に嘘を織り交ぜて結論を真逆にする」ものという手法です。 ですから、趙立堅報道官の発言を“裏読み”することでご意見番は“真実を見つけた”のです。

『米共和党議員が「新型コロナの起源 武漢ウイルス研究所調査」という報告書を発表!【前編】 ~新型コロナウイルス発生起源の隠蔽は、史上最大の隠蔽!~』

報告書では、「新型コロナウイルスが、2019年9月12日以前に研究所から流出したことを証明している」。報告書では、軍人スポーツ大会が「新型コロナを世界に広げた原因」と見ている。 これは史上最大の隠蔽だ。世界で400万人以上もの人々が亡くなったのだ。彼らは責任が問われなければならない。

『自公連立政権において、イベルメクチンを否定し、ファイザー社のワクチン接種のみのパンデミック対策がなされている本当の理由(わけ)とは? ~日本を陰から支配する存在とは?~』

「政府はなぜ、ワクチン接種のみのパンデミック対策しか行わないのか?」 「政府はなぜ、ファイザー社製のワクチンを多く使用しているのか?」 「政府はなぜ、COVID-19に有効とされているイベルメクチンを必死になって葬り去ろうとしているのか?」 その答えは? 「ファイザー社は、創価学会の子会社」だからです。 要するに、ファイザー社の後ろにいる創価学会+公明党の利権、利益を守るためにイベルメクチンを追い出し、モデルナ社よりもファイザー社のワクチンを使用しているのです。

『アメリカ上院議員4名が「パンデミックを計画した者たち、サポートした者たちへの処罰を行う!」と公式声明を発表! ~民主主義国家において、言論の「検閲」と「弾圧」は最も重い犯罪である!~』

民主主義社会において、絶対にやってはいけない犯罪(大罪)があります。 それは「情報の検閲」「情報操作」「自由な意見への弾圧」「個人の表現への制限」です。 なぜなら、それは「言論の自由」「表現の自由」そして、「真実の情報を知ることによる幸福追求権」を侵害しているからです。 「言論の自由」「表現の自由」への侵害(検閲と弾圧)は、民主主義の死を意味します! 世界には、影から人々を操ろうとする人間が存在していることを、日本人も知るべきです。 彼らはこう呼ばれています、「DS=ディープステート」。