『5~11歳の子どもを持つすべての保護者が聞くべきmRNAワクチン発明者の“声明”とは? ~子どもへのコロナワクチン接種を検討するならば、ロバート・マーロン博士の声明を聞くことは必須!~』

はじめに

5~11歳の子どもさんをお持ちの保護者の方々は、ぜひロバート・マーロン博士の声明を聞いてからワクチン接種を判断してください。
何も考えず、テレビ局の垂れ流す偏った情報を鵜吞みにして、お子さんにワクチンを接種させることだけは止めてください。
数年後、あるいは成人してからお子さん本人に何らかの害(後遺症等)が発生したならば、親御さんは一生後悔することになるはずです。
ロバート・マーロン博士の声明を聞いてから判断しても決して遅くはありません!

今回の情報源は、『FC2動画』「子供に接種すれば二度と元の体に戻れない/mRNAワクチン発明者/ロバート・マーロン博士」です。
最後にリンクを貼っておきますので、ぜひご覧ください。

5~11歳の子どもを持つすべての保護者が聞くべきmRNAワクチン発明者の声明とは?

《mRNAワクチン発明者ロバート・マーロン博士の声明》

ロバート・マーロン博士の声明動画から引用

私はこの声明をワクチンの研究開発に捧げた自分のキャリアを元に行っています。
私自身はコロナワクチン接種を受けています。そして、私は一般的な予防接種も受けています。私は科学者としてのキャリアの全てを、感染症を予防し、治療するための安全で効果的な方法を開発するために捧げてきました。

ロバート・マーロン博士の声明動画から引用

私は、あなたが自分の子どもに「ワクチンを接種するという後戻りのできない決断」をする前に、私が生み出したmRNAワクチン技術で製造された遺伝子ワクチンについて、科学に基づく真実をあなたに伝えたいのです。
まず両親が理解しておく必要のある3つの大事な問題があります。

〈両親が理解するべき3つの問題:1〉

ロバート・マーロン博士の声明動画から引用

第一に、mRNAワクチンを接種するということは、あなたの子供の細胞にウイルス遺伝子を注射されるということです。

〈ご意見番の要約〉

ウイルスの遺伝子が注射されるとどうなるのか? ロバート・マーロン博士は以下のように説明しています。
mRNAワクチン接種によって注入されたウイルスの遺伝子は子供の体を毒性のあるスパイクタンパクを作るように誘導する。
スパイクタンパクは、しばしば子供の重要な臓器に永久的な損傷を引き起こすことがある。
遺伝子ワクチンは子供の脳と神経システム、心臓と血管、そして凝血、生殖システム、さらに免疫システムの基盤に重大な変化を引き起こす可能性がある。

一番重要なことは、このような損傷が発生してしまったら、脳内で生じた損傷、心臓の組織に出来た傷跡、遺伝子的にリセットされた免疫システムを修復することはできないこと。
さらに、mRNAワクチンは生殖系の損傷を起こし得るので、次世代への影響をも及ぼす可能性があること。

〈両親が理解するべき3つの問題:2〉

ロバート・マーロン博士の声明動画から引用

2番目は「この新しい遺伝子ワクチンの技術はこれまでに適切に試験されてこなかった」という真実をあなたは知る必要があります。
人類史上、最も過激な医学実験に自分の子供を参加させたいかどうか、あなた自身に自問してください。

〈ご意見番の要約と私見〉

ワクチンのリスクを本当の意味で知ることができるためには、最低でも5年間の試験と研究が必要なのです。
重要なことは、新薬と害のリスクが、数年後に明らかになることがあることです。

ワクチンは健康な人に打つものなのです。
決して病気が発症して病原菌と闘うためにリスクを承知で治療の目的で打つ治療行為ではないのです。

数年後、あるいは成人してからワクチンの害が見つかっても、その時はすでに後戻りができないということです。
正常で本来の体(両親からもらった体)に戻すことが出来ないのです。
慎重に慎重を重ねるのが当然です。
決してテレビに出演している医師や専門家の言葉を鵜吞みにしてはいけません。
彼らのほとんどが製薬会社からいくばくかの金銭をもらっていると考えられるからです。

mRNAワクチン(新型コロナワクチン)の安全性は担保されていますか?
否、否!
なぜならいまだに「治験中」だからです。
「治験」とは「実験」です。
本来、安全性を主張するならば実験終了後に言うべきです。
しかし、mRNAワクチンに関してはデータなどを改竄し、強引にワクチンを接種するように仕向けられています。
ロバート・マーロン博士が主張しているように、「遺伝子ワクチンの技術はこれまでに適切に試験されてこなかった」ならば、なおさら安全性が担保されるはずがありません。
そもそも実験中(治験)のワクチンを「安全です」という方がどうかしています。
それこそ非科学的な発言です。
mRNAワクチンは、「人類史上、最も過激な医学実験」なのです。

〈両親が理解するべき3つの問題:3〉

ロバート・マーロン博士の声明動画から引用

3番目、それは「あなたの子供に予防接種をさせるために当局が言っている理由は嘘である」という事実です。
子どもはあなたたち両親や祖父母に危険を及ぼすことはありません。
実際は反対です。
コロナに感染することによって、子どもたちの免疫は世界ではないにしても、あなたの家族を救うのに重要なのです。

〈ご意見番の要約〉

mRNAワクチンの開発者であるロバート・マーロン博士ははっきりと言いきっています。
新型コロナ感染という些細なリスクのために子供にワクチンを接種することは、その子にとってもあなたの家族にとっても何の恩恵もない、と。
コロナワクチン接種に関する限り、リスクとベネフィットの評価は決して同じレベルではないのです。
mRNAワクチンの開発者が「家族(特に高齢の家族)に感染させないためにコロナワクチン接種をさせる(する)」ということは「嘘(騙し)」であると言っているのです。

補足説明:「ベネフィット」とは、「利益」「恩恵」「便益」などのこと。

〈ロバート・マーロン博士の重大メッセージ〉

ロバート・マーロン博士の声明動画から引用

私は親として、また祖父として、あなたに「子どもを守るために抵抗し、戦う」ことを勧めます。

〈ご意見番の私見〉

テレビなどのメディアに騙されないでください。
特にNHKには要注意です。
明かにNHKは偏った洗脳と呼ぶべき番組を放送しています。
テレビに出演している医師や専門家たちを信用するならば、その何倍もノーベル医学生理学賞を受賞したリュック・モンタニエ博士やmRNAワクチンの開発者であるロバート・マーロン博士の主張を信用するべきです。

エイズの原因となるエイズウイルス(HIV)を発見したモンタニエ博士は武漢ウイルス(SARS2)を「人口ウイルス」だと主張しています。
また、コロナワクチンにはエイズウイルスの遺伝子が組み込まれていると主張してます。

mRNAワクチンの開発者であるロバート・マーロン博士の声明を疑う医師や科学者がいるならば、mRNAワクチンの開発者であるロバート・マーロン博士よりもmRNAワクチンの技術に精通していることを先に証明してからものを言いなさい、と言っておきます!

《mRNA技術の生みの親の声を無視することは非科学的》

ロバート・マーロン博士は、mRNA技術の生みの親とも言うべき科学者です。
mRNA技術の生みの親であるロバート・マーロン博士が「ワクチンを接種するという後戻りのできない決断」と言っていることを、どうして無視できるでしょうか?
ロバート・マーロン博士の声明は、「遺伝子ワクチンについての科学に基づく真実」なのです。

「倉敷平成病院」の真剣な訴えとは?

《5~11歳の子供を持つ保護者必見(必読)のメッセージ》

倉敷平成病院がブログ内において以下の真剣な訴え(メッセージ)を出していますので、5~11歳のお子さんをお持ちの保護者の方は虚心坦懐に受け止めて考えてください。

ブログ倉敷平成病院だよりから引用

5~11歳の子どもさんの保護者の方は、ロバート・マーロン博士の声明を是非知って下さい。
医療従事者の方々は、保護者が希望されるからと言う理由ではなく、「その子を利する選択肢であり害と知る選択肢ではない」という明確な理由を保護者の方に告げてから接種してください。

《ご意見番からのメッセージ》

テレビに出演している医師たちはこう言って保護者の方たちを騙しています。
「一緒に暮らしているおじいちゃん、おばあちゃんに感染させないためにお子さんにコロナワクチン接種をするべきです」と。

ロバート・マーロン博士の声明にあるように、これは「嘘(騙し)」なのです。
むしろ、子どもがもつ免疫は祖父母にも良い影響を与えるのです。

政府や製薬会社と癒着している医師達の伝家の宝刀は「自分が感染しないためよりも、家族に感染させないためにワクチン接種をするべき」というものです。
その主張自体が間違っているのです。
間違った科学的見解に基づいてワクチン接種を推奨しているのです。
そうした事実や、mRNAワクチンによる害が起きてからでは、後戻りができないのです。
重症化しない子供にmRNAワクチンを打たせる科学的で明確な理由はありません。

最後に付け加えます。
ロバート・マーロン博士の声明は、「子どもだけ」に限ったことではないですよ。
大人でも後戻りはできなくなることに変わりない、と言っておきます。

リンク先?

『FC2動画』
「子供に接種すれば二度と元の体に戻れない/mRNAワクチン発明者/ロバート・マーロン博士」

もし、上記の動画が再生されない場合は、下記のリンク先で。

Twitter
『和丸号(大塚和之)』
「子供に接種すれば二度と元の体に戻れない」mRNAワクチン発明者ロバートマーロン博士」
検索してください。

文章で読みたければ、以下のリンクへ。

『ブログ倉敷平成病院だより』
「そうだったのか!新型コロナワクチン」

最後までお読みいただき、ありがとうござりんした!


最新情報をチェックしよう!