TAG

メッセージ

『コロナワクチンは3種類に分類されていた! ~ワクチン接種者必見(必読)の衝撃的事実とは?~』

「コロナワクチンは実際には3種類のロットに分かれていると告げられた」 「一つはプラセボ、もう一つは猛毒ワクチン、そしてもう一つはその中間のものだ(比較的毒性が低い)」。 本当に感染症の予防、重症化防止であれば、ワクチンの成分は1種類しかないはずです。

『ファイザー社と政府の契約(コロナワクチン)は「国民への裏切り」! ~新型コロナ感染症対策における日本政府の最大の罪とは?~』

ファイザー社とワクチン供給契約を結んだ政府はファイザー社の下僕となったことを意味しています。 政府が下僕なら、その国民はなんでしょうか? 新型コロナ感染症及びコロナワクチンに関しては、明らかに日本政府には大きな罪があります。 正確に言うと、政府とマスコミ(特にテレビ局)には大罪があります。 それは「真実を国民に知らせない罪」です。

『健康なこどもへの接種に合理性を見出せない! ~泉大津市南出市長のメッセージに‟あっぱれ“!~』

マイナス情報に耳を塞いでいるようでは、リーダーは務まりません。 むしろ、マイナス情報を自ら積極的に集めることが必須なのです。 それでこそ高度な判断、責任のある決断が可能となるのです。 すべての政治家は、南出市長を見習うべき! 政治家を目指す者は、南出市長から学ぶべき!

『嘘つきとの論争に困っている人にエールを送る!【後編】 ~嘘つきは地獄へ落ちる!~』

嘘つきは、 素直に相手の苦言を聞き入れることができないのです。 素直に自分の過ちを認めて謝罪することができないのです。 素直さの欠如、謙虚さの欠如、そして反省ができない、これが噓つきに共通する特徴です。 要するに、自己愛が強く、うぬぼれが強いのです。

『嘘つきとの論争に困っている人にエールを送る!【前編】 ~嘘つきの論法とは?~』

嘘つきはなんでもありです。 ルールを守って闘う者と、ルールを無視してやりたいことをする者とは、一見ルールを守る方が不利な展開になることもあります。 しかし、宇宙を貫く法則は捻じ曲げることができません。 嘘は必ずいつの日か、バレます。 ですから、嘘つきとの論争において「議論に負けた」と思った方がいましたら、そんなことはないと言っておきます。 なぜなら「真実を語ること」そのものが「勝利」だからです。 「嘘をつくこと」そのものは「敗北」だからです。 それが宇宙を貫く法則です。

『人類に偉大なる貢献をしたリュック・モンタニエ博士に哀悼の意を表して【後編】 ~モンタニエ博士からのメッセージ~』

リュック・モンタニエ博士の名を人類は決して忘れはしないでしょう。 モンタニエ博士は真実と正義を貫いた科学者として歴史に名を刻んだのです。 願わくば、汚名が濯(そそ)がれ、名誉が回復されることを強く祈念いたいます。 謹んで、モンタニエ博士のご冥福をお祈りいたします。

『人類に偉大なる貢献をしたリュック・モンタニエ博士に哀悼の意を表して【中編】 ~医療従事者及び製薬会社はヒポクラテスの誓いを順守するべき!~』

医学の倫理について話しよう。ヒポクラテスの誓いから始めよう。 我々は倫理を尊重しなければならない。患者を癒し、治療しなければならない。彼らを殺害してはならない。しかし、不幸なことに我々が間違いなくそうやっている。 モンタニエ博士はウイルス学の世界最高峰です。 その方が「SARS2は人口ウイルス」であり「コロナワクチンは毒物」であると言っているのです。

『人類に偉大なる貢献をしたリュック・モンタニエ博士に哀悼の意を表して【前編】 ~人の死に際する報道にもの申す!~』

モンタニエ博士の主張に反論があるならば死去を伝える報道時ではなく、別の機会にするべきです。 それが報道の正しいあり方です。 モンタニエ博士のHIV発見とその後の研究の業績を認めるならば、博士の反ワクチン及び新型コロナウイルスに関する科学的見解を認めるべきです。 モンタニエ博士のこの言葉の意味は、「武士道精神」の現れと言っていいでしょう。 つまり、「死を思って義に生きる」「死を覚悟して奉仕に生きる」「死ぬ覚悟を持って真実を明らかにする」ということです。