TAG

メッセージ

『政治家は上を向いて自分の言葉で語りなさい! ~政治の主役は政治家か?それとも官僚か?~』

はっきり言おう! 「官僚の答弁書(回答書や資料)などを下を向いて読んでいるだけの政治家はいらない」 「他人の考えや判断を伝えるだけの政治家は必要ない」 政治家の発言は、「すべて国民に聞かれている」「すべて国民へ届けるものである」ということを忘れてはいけないのです。

『勇者の中の勇者と智者の中の智者とは?【後編】 ~真の智者と偽物の智者を見分ける指針~』

単なる「頭の良さ」と「賢さ」とは、少し違いがある。 科学的探究心、悟りへの探究心、哲学的探究心を失ったならば、智者の中の智者にはなり得ません。 智者の中の智者となると、勇者の気質を備えてくるのです。 つまり、「勇敢さ」を身にまとった智者が「智者の中の智者」なのです。

『「GACKTが愛犬を里子にだしました」に抗議するとともにGACKの主張に反論する!! ~ペットを飼う「飼い主の責任と愛情」とは?~』

いまさらですが、「GACKTが愛犬を里子にだしました」騒動にご意見番も参戦いたしんす! GACKTの動画に抗議した人や批判の発言をした人、動画に「低評価」を付けた人が納得いく内容となっていると思います。 どうぞ、こぞってお読みください!

『YouTuber張陽氏の「桜、花之世界の侍」にもの申す!【後編】 ~現代に求められる武士道精神とは?~』

武士道とは「正義諭」を裏付けるものです。 武士道精神とは「悪なるものは許さない。正義の戦いはする」「己は卑怯な振る舞いはしないが、卑怯者は許さない」という善悪の明確な概念の上にたった自己犠牲の精神なのです。 「戦うべきときに戦う」のが武士道精神なのです。

『YouTuber張陽氏の「桜、花之世界の侍」にもの申す!【前編】 ~現代によみがえる武士道精神の体現者~』

要するに、日本人は武士道精神(桜の精神)を取り戻せ、と言っているのです。 そして、その精神で邪悪な帝国である中国共産党政府と戦うべきだと言っているのです。 日本の人たちに、武士道精神を取り戻して欲しい、邪悪な勢力と戦って欲しいと訴えている。 アチキにはそう聞こえました。

『アメリカ合衆国第45代大統領ドナルド・トランプお別れのスピーチ(Farewell speech)、ご意見番セレックション! ~偉大なる英雄にエールを贈る~』

いま、世界にはびこっている共産主義勢力と陰で政治を支配しようとするディープステートによって、真の愛国心が破壊されようとしているのです。 トランプ氏の大統領退任で、一旦世界は闇に沈みます。 しかし、トランプ氏の戦いの旅はまだ始まったばかりなのです。 彼は、再び偉大なアメリカを創るまで、自由と民主主義を守る戦いを止めないでしょう!

『作家百田尚樹氏の発言にもの申す! ~真の敗北とはなにか?~』

確かに、もし、このままトランプ大統領が反乱法の適用、戒厳令を発しないのであれば、民主主義社会にとって暗黒の時代の始まりとなります。 ですから、ご意見番としても百田尚樹氏と同様に、反乱法の適用を適用するべきだと考えています。 現代社会における「革命の武器」は、「言葉」「言論」です。 “言論”こそ「正義の刃」なのです。 “真実を明らかにすること”こそ、悪なる独裁主義と共産主義たちへの最大の攻撃なのです。

『バイデン氏が大統領に就任することの本当の意味! ~真実を求め、正義を願う人たちにエールを贈る!~』

しかし、現代社会にも民衆が革命を起こす武器は存在している。 それは「言論」である。 よって、言論弾圧は全体主義者、独裁主義者が真っ先に行う手段なのだ。 民主主義とは民衆の声、つまり言論によって成立するからだ。 民主主義の死が意味するものは、共産主義化であり、独裁主義化である。 共産主義化と独裁主義化が導くものは、「言論弾圧」であり、「権力者による監視社会」であり、「強制的統治」である。

『裏切られて傷ついた人に贈る励ましの言葉』

裏切りは、あなたを信頼していたその人の心への暴力行為と同じこと。 裏切りは、あなたに好意を寄せていた人の心にナイフで突き刺す行為と同じこと。 もし、あなたを裏切った裏切り者があなたの家族や信頼する友人だったら、裏切られた心の傷をそれ以上深くしない方法があります。