TAG

メッセージ

『Google(アドセンス)から勲章を頂きました! ~Googleアドセンスの理不尽な広告制限に抗議する!!~』

ポリシー違反に該当すると「1回目から制限が掛けられる」ということは、社会常識から反します。 Googleやプラットフォーム企業が行っているポリシー違反は、1度目から経済的損失を含む措置が取られます。 これが意味することは、道路交通法違反して警察に切符を切られて違反金を払うことと同じです。 つまり、「法律と同じ効力がある」ということと同義となります。 言論弾圧は横暴な独裁者の所業でしかありません!!

『これがディープステート(DS)の「手口」だ! ~日本もすでにディープステートによって支配されている?~』

ディープステートの手口とは、「配下にあるメディアを使って(騒いだり、フェイクニュースを流したり、敵を攻撃したり)、ディープステートが目指す方向に誘導する」という戦法なのです。 「フェイクニュース」は、ディープステートの常套手段なのです。 ディープステートとは「国際主義者」です。 現代的な用語で言えば「グローバリスト」です。 つまり、グローバリズムを主張する者こそディープステートなのです。

『8月15日は「終戦の日」では、ありません! ~間違った歴史認識を改めること。それが自分の国を愛すること!~』

1945年8月15日は「終戦の日」ではありません。 なぜなら戦争とは「宣戦布告で始まり、講和条約発効で終る」からです。 国際法を踏みにじった勝者が国際法を守った敗者を一方的に裁き、国体を破壊したのがGHQによる占領政策なのです。 愛国心とは自国の歴史を正しく知って、その歴史の中に「誇り」を見つけるものであるべきなのです。 正しい歴史認識を持つことこそ、愛国心を育てるのです!!

『どこがポリシー違反なのか? 理不尽極まりないYouTubeからのペナルティ【後編】! ~真実と正義を求める「言論という刀を持つサムライたち」にエールを送る!~』

基本的なスタンスは、「ポリシーは人類の普遍的な価値観に基づくこと」、「自由な意見による発言の場と議論の場、または多様な価値観の表現の場を提供すること」でなければなりません。 プラットフォーム企業とは『場』を提供する存在であって、何が良くて何が悪いかという善悪を判断する『場』ではないからです。 結局、言論統制、言論弾圧をするということの意味するものはビッグテックやメディアが“統治者”になるということです。 「言論の自由」を守る戦い、「表現の自由」を維持する戦いとは、ディープステートとの戦いなのです。

『どこがポリシー違反なのか? 理不尽極まりないYouTubeからのペナルティ【前編】! ~YouTubeからペナルティを受けた朝香豊氏がYouTubeに抗議の声をあげた!~』

YouTubeは、ポリシー違反を口実にしてYouTube側の思惑や思想に反する言論を封じようとしているのです。 要するに、YouTubeはその人の発言自体よりもその人自身がどんな思想、哲学、思考をしているのか、ということを問題視しているのです。 現実に起きていることさえニュースとして扱えない。 実際の出来事に対して肯定する意見を言えない、ということは言論弾圧以上のものがある。

『女性宮家誕生と女系天皇誕生の行きつく先は、日本が中国化する国家崩壊の危機!【後編】 ~皇位継承問題に潜んでいるのは「日本破壊計画」「日本乗っ取り計画」!!~』

天皇の皇位継承がなぜ男系に限るのかというと、具体的には血筋の統一ですが、その奥に日本と天皇を含む皇族にとって忘れてはいけない重要な問題があるのです。 男系男子の皇位継承に潜む問題とは、ずばりいうと「天孫降臨」です。 彼らの狙いは「日本の中国化」であり、「日本の弱体化」です。 「日本という国家の破壊」です。

『改正銀行法は国家の危機を招く“諸刃の剣”! ~日本はスイスの「民間防衛」に学ぶべき!~』

改正銀行法は“諸刃の剣”である。 銀行が経営権も持つようになった場合、短期利益主義の銀行は、すぐに現金化することがあり得るため、経営権を握った企業を外資に売り飛ばすことが可能となってしまう。 要するに、侵略者たちは、「権力者(政治家)」と「マスコミ」を利用することで、知らず知らずのうちに侵略国家と同じ価値観に染め上げてしまうのです。 それは侵略されている国家の国民が気づかないように行われます。

『TVプロデューサーの「過剰な演出は“やらせ”ではない」発言に反論する!【後編】 ~リアリティー番組において「過剰な演出は“やらせ”である」!~』

メディア業界には「やらせ=視聴率を取るために必要な演出」と考える思想(文化)が根付いている。 「過剰」「演出」「やらせ」という3つの言葉の意味を読み解いていくと、明らかになる論理がある。(リアリティー番組が話の前提です) それは「過剰な演出」=「やらせ」という公式である。

『TVプロデューサーの「過剰な演出は“やらせ”ではない」発言に反論する!【前編】 ~「演出」と「やらせ」の区別がつかないTVプロデューサーにもの申す!~』

要するに「出演者が視聴者を意識」することは、「リアル」の世界から「やらせ」の世界へ一歩足を踏み入れることになるのです。 この問題に対して身内であるTVプロデューサーから援護射撃をすることが、この寄稿の真の目的(意図)であると、ご意見番は判断します!

『政治家は上を向いて自分の言葉で語りなさい! ~政治の主役は政治家か?それとも官僚か?~』

はっきり言おう! 「官僚の答弁書(回答書や資料)などを下を向いて読んでいるだけの政治家はいらない」 「他人の考えや判断を伝えるだけの政治家は必要ない」 政治家の発言は、「すべて国民に聞かれている」「すべて国民へ届けるものである」ということを忘れてはいけないのです。