TAG

コロナワクチン

『政府よ、マスコミよ、専門家よ、ワクチン接種被害者たちの悲痛な声を聞け!3 ~「子どもたちにワクチンを接種させることは犯罪(モンタニエ博士の発言)」~』

健康であった子供がワクチン接種後に心筋炎や神経症になるということは、原因としてワクチン接種を疑うのが当然ではないでしょうか? そうした危険があることを知らないで自分の子供にワクチン接種をして、万が一副作用が起きたら、後悔しても遅いのです。

『ワクチンパスポートについてデジタル庁に聞いてみた! ~デジタル庁と国民のやり取りについて!~』

ワクチン接種を表面では「任意」だとか「努力義務」だとか言っておきながら、実質的には半強制なのです。 ここがワクチンパスポートの最大の問題点です。 もう一つの問題点は、ワクチンパスポートの前提であるワクチン接種を国会議員を含めた国家公務員たちがほぼ接種してないという点です。 要するに、ワクチンパスポートの問題とは「ワクチン接種をさせるための誘導と処罰」なのです。

『コロナワクチン3回目はヤバイ! ~元ファイザー職員(女性)の真剣で深刻な告発とは?~』

「コロナワクチンが安全で効果的であるならば、なぜ、ファイザー社の社長はワクチン接種をしていないのですか?」 この矛盾に答えてください。 アチキが個人的に言いたいことは、3回目のワクチン接種をしないでも、実際は感染しない確率の方がはるかに高い。 少しでも不安や疑問があるならば、止める勇気を持つこと。 それが自分の命と健康、そして家族との生活を守ることに繋がる。

『河野太郎議員よ! 国民の声をよく聞け! ~非民主義的政治家、河野太郎議員にもの申す!~』

河野太郎氏の主張には科学的根拠がありません。 すべて政治的イデオロギーからの発言です。 根拠もなく決めつけて相手を黙らせようとする幼稚な話術です。 レッテルを貼って叩き落す姑息な弁論術です。 河野太郎氏の弁論術は「ストローマン論法」と言われているものです。 国民の声に耳を傾けず、高圧的に国民を抑え込もうとする河野太郎氏は、民主主義的な性質を持つ政治家ではありません。

『新型コロナワクチン接種同意書の隠れた真意を読み解く!』

嘘ではないが正確で正直な表現ではない、というものです。 自分たちの非は隠しながら、相手の責任を暗に匂わせる、というものです。 これは官僚の常套手口です。 それは「国民目線ではない」ということ。 この同意書全体を通して言えることがあります。 「国民の立場に立っていない」「国民の救済を本気で考えていない」ということです。

『新型コロナウイルス対策の抜本的変更とコロナワクチン接種の即時中止を北海道有志医師会が求めた! ~3回目接種(ブースター)が必要ない理由とは?~』

いま、多くの人たちが「コロナワクチン接種の危険性」、「コロナウイルス情報の欺瞞」に声をあげています。 いまの世の中で、自分と家族の健康と命を守るために必要なものは、「真実を求める心」です。 だから、真実を求めてください。

『予防接種健康被害救済制度の問題点を指摘する! ~厚生労働省は速やかにコロナワクチン接種被害者を救済せよ!~』

コロナワクチンが緊急使用ならば、予防接種による健康被害の救済制度も緊急の適用でなければならない。 いま必要な政策は、3回目のワクチン接種ではなく、すでに起こっているmRNAワクチンというワクチンではない薬剤による健康被害を救済することです!!

『イギリスの政府機関が発表した陽性率、入院率、死亡率の真実とは? ~自然療法士ルイさんからの警鐘!~』

ワクチン未接種者よりもワクチン接種者の方に約5.6倍も多く陽性者が出ている。 ワクチン未接種者よりもワクチン接種者の方に約2.4倍も多く入院者が出ている。 (共に18歳未満の人を除いた数字) ワクチン未接種者よりもワクチン接種者の方に約4倍も多く死亡者が出ている。 (陽性と診断後60日以内のデータ) この数字が意味することはなんでしょうか?

『mRNAワクチンはワクチンにあらず! ~世界的製薬会社バイエルの医薬品部門責任者の衝撃発言とは?~』

「mRNAワクチンは、ワクチンではなく細胞・遺伝子治療だ」 バイエルの医薬品部門責任者の発言によって、“公式に”「mRNAワクチンがワクチンではない」と言うことが全世界に知れ渡ったのです。 「短期間で数万人を死なせてしまった食品を食べたいと思うか?」 そこには単なるパンデミック対策(感染予防)という意味ではない“何かが存在している”とみるべきでしょう。