TAG

コロナワクチン

『製薬会社トップが「コロナワクチンは効かない」と公言した! ~国民の知る権利を侵害しているマスコミと政府にもの申す!~』

いま、全世界は情報統制下にあります。 国民の「知る権利」は侵害されています。 この「知る権利」は、国民が自らの命と健康を守るために「必須の情報」です。 大手テレビ局を中心としたマスコミの流す情報には国民が知らなければならない情報が含まれていません。 ワクチンに関する情報は、国民の命と健康を守るためのものです。 それが偏向した内容(歪められた情報)、肝心なところが欠落した情報のみ与えられています。 要するに、国民をミスリードしているのです。

『「政府からのお知らせ(広報)」にもの申す! ~政府は、感染対策の間違いを認めるどころか隠蔽、誤魔化しをし、さらなる洗脳をしている!~』

日本では全国的にマスク着用(多くの方が)をしています。 では、マスク着用していた人はCOVID-19にかかっていませんか? さらに、これほど国民的にマスク着用をしている国で感染が続いている理由はなんですか? 「マスクはワクチンと同じくらい感染防止効果がある」などとの言った専門家もいました。 多くの国民がマスクをしているのに感染が拡大する? 感染が止まらない? なぜでしょうか?

『コロナワクチンは3種類に分類されていた! ~ワクチン接種者必見(必読)の衝撃的事実とは?~』

「コロナワクチンは実際には3種類のロットに分かれていると告げられた」 「一つはプラセボ、もう一つは猛毒ワクチン、そしてもう一つはその中間のものだ(比較的毒性が低い)」。 本当に感染症の予防、重症化防止であれば、ワクチンの成分は1種類しかないはずです。

『ファイザー社と政府の契約(コロナワクチン)は「国民への裏切り」! ~新型コロナ感染症対策における日本政府の最大の罪とは?~』

ファイザー社とワクチン供給契約を結んだ政府はファイザー社の下僕となったことを意味しています。 政府が下僕なら、その国民はなんでしょうか? 新型コロナ感染症及びコロナワクチンに関しては、明らかに日本政府には大きな罪があります。 正確に言うと、政府とマスコミ(特にテレビ局)には大罪があります。 それは「真実を国民に知らせない罪」です。

『ワクチン後遺症の患者を治療する長尾医師が刑事告訴に出た! ~医者ならば患者に寄り添い治療に全力を傾けるべき!~』

「意見」は、相手の主張に反することであっても、相手の人格を否定するものではありません。 単なる「考え」の違いを提示するものです。 ですが、「悪口=誹謗」は、相手を傷つけるために発されるものです。 議論と喧嘩が違うように、意見と誹謗もまた違うものなのです。

『健康なこどもへの接種に合理性を見出せない! ~泉大津市南出市長のメッセージに‟あっぱれ“!~』

マイナス情報に耳を塞いでいるようでは、リーダーは務まりません。 むしろ、マイナス情報を自ら積極的に集めることが必須なのです。 それでこそ高度な判断、責任のある決断が可能となるのです。 すべての政治家は、南出市長を見習うべき! 政治家を目指す者は、南出市長から学ぶべき!

『ブースター接種(3回目接種)と4回目以降のワクチン接種の是非を論じる! ~ワクチン接種推進派の人たちよ、情報操作はもう止めなさい!~』

新型コロナウイルス及びmRNAワクチンに関することにおいて、国民(接種者)にとって重要な論点は、それが「情報戦争」である、ということです。 自分と家族の命と健康を守る為の「防衛戦」であるということです。

『人類に偉大なる貢献をしたリュック・モンタニエ博士に哀悼の意を表して【後編】 ~モンタニエ博士からのメッセージ~』

リュック・モンタニエ博士の名を人類は決して忘れはしないでしょう。 モンタニエ博士は真実と正義を貫いた科学者として歴史に名を刻んだのです。 願わくば、汚名が濯(そそ)がれ、名誉が回復されることを強く祈念いたいます。 謹んで、モンタニエ博士のご冥福をお祈りいたします。