TAG

コロナワクチン

『IHR規則(第55条)違反の改正案決議は無効‼~国際ルール違反のWHO(決議)に従う義務はない‼~』

それでも言う。 真実は真実。 事実は事実。 嘘は百回言っても嘘。 一部に正論があってもその裏にある嘘を見抜けない言論人は、結局、民衆を地獄へと導く案内役にしか過ぎない。 論理をすり替え、詭弁を吐く者を信用した者は必ず身を滅ぼす。 正義は真実に裏付けられてこそ「正しさ」を持つ。 愚民とされた民衆と嘘を見抜けない言論人、そして嘘をつく政治家が合わさったとき、国家の滅亡が訪れる。

『日本と世界が進むべき未来への選択とは?【後編】~日本と世界が取るべき選択とは「WHO脱退」、そして…。~』

それは“言論粛清”の一歩手前まで来ているのです。 これは実質的に「言論の自由」及び「表現の自由」が破られていることを意味します。 味方をする者には地位と金を与え、逆らう者には不自由と権利の剥奪を、という恐怖政治がまかり通ろうとしているのです。 「恐怖」による世界(世の中)の統治とは、「悪魔の手法」なのです。 世界中の民衆が立ち上がらねば、世界中の民衆は奴隷と化します!

『日本と世界が進むべき未来への選択とは?【前編】~日本はIHR改訂についての憲法との比較議論をするべき!~』

IHR規則が主権国家の憲法とどちらが優位にあるのか、という議論は絶対に必要です。 この議論を避けるということ自体が、官僚(その背後にいる政府)の企みが透けて見えます。 議論を“避ける”ということは、その議論をしてしまえば、「負ける」と踏んでいるから避けているのです。 IHR改訂をしたい側にとって不利になるから避けているのです。 ですから、逆に考えると国民の側は「憲法議論をして覆す(IHR規則の法的拘束力について)」という戦術を取るべきだ、ということです。

『自由と人権の最後の砦は「言論の自由」! ~言論の自由が奪われればDSが勝利する!~』

しかし、独裁主義者からみると最後の抵抗勢力であり、最も強敵なのが「言論の自由」なのです。 これは民主主義国家における主権者である国民の立場から見ても同じです。 国民にとっての最後の砦は「言論の自由」なのです。 ですから、言論の自由が奪われたとき、それは独裁主義国家の完成となるのです。 チャックメイトなのです。 だから、独裁的気質を持つ政治家は言論の自由を奪おうとするのです。 もし、言論の自由を奪おうとする政治家がいたならば、その者は間違いなく独裁的気質を持つ者であるのです。

『政府よ、マスコミよ、専門家よ、ワクチン接種被害者たち(遺族)の悲痛な声を聞け!4 ~ワクチン接種が中止にならないという異常事態!~』

政府が推し進めるmRNAワクチン接種政策は、どこをとっても、何を見ても「医療」とは呼べません。 厚労省の官僚及び政権与党の政治家たち(特に岸田首相)は、現実にワクチン接種後に死亡している人たちがいて、後遺症に苦しむ人たちがいることを直視する必要があります。 いくらワクチン接種との因果関係がないと否定しても現実に起こっている被害を否定できません。 現実に、mRNAワクチン接種後に死亡している事例はかつてない規模で発生しているのです。 なのに、mRNAワクチン接種を中止にしない政府と厚労省には、必ずいつの日か、その責任が問われる、と言っておきます。

『プランデミック(パンデミック)の大誤算!【追記編】コロナウイルスの正体は「5G」? という情報に対してのご意見番見解(判断)!』

こうした情報発信は、「コロナウイルスは5Gでした」で終っていいものではありません。 それを証明する情報発信をする必要があります。 もし、本当にSARS-CoV-2というウイルスが存在しないというならば、この情報を発信した人(アカウント)は、そうした解析に対して反論する必要があるでしょう。 自らの情報に対して、詳しい情報または説明をするべきでしょう。 情報発信したからには、その責任があります。 重要なことは、「現代の戦争は情報戦(思想戦)から始まる」と理解することです。 どちらにしてもネットの世界には必ず工作員(スパイ)と変人がいると思ったほうがいいでしょう!

『プランデミック(パンデミック)の大誤算!【後編】~2024年の危機と逆転への期待!~』

そもそもWHO(国連)が進めようとしているパンデミック条約締結及びIHR改訂の大前提があるのです。 それは、その医療行為が“正しい”ということです。 医療行為が正しいとは、「強制する医療行為が犯罪にならない」ことであり、「医薬品(ワクチン含む)または治療法が有効性と安全性が証明されている」ことです。 この2つがあってこそ、WHOによる強制医療が大義を持つのです。 もし、この二つが間違っていたならどうなるのか? それが意味することは、WHOの強制医療が人々の命と健康を脅かすものということです。 それが意味することは「犯罪」です。

『プランデミック(パンデミック)の大誤算!【前編】~プランデミック(2重のパンデミック)は“大誤算”から始まった!~』

人工ウイルスによる人口削減及びワクチンと呼ばれる液体によるさらなる人口削減は計画されたものですが、「はじまり」においてDSたちの計画から外れたアクシデントがあったということです。 つまり、今回のパンデミック(プランデミック)は“大誤算”からスタートしたということです。 その大誤算がDSの本来の計画を狂わせ、民衆にとっては本来の計画からすると「軽傷」で済み、なおかつ抵抗する機会を与えたということです。

『ノーベル賞はグローバリズム政策のプロパガンダ的要素を持つもの!【前編】~ノーベル賞のカラクリとは?~』

ノーベル賞には不思議な数字の“偏り”があります。 それはノーベル賞受賞者のうち23%がユダヤ人であるということです。 ユダヤ人が全世界の民族と比べて最優秀な民族だとは微塵も思いません。 なぜならば、天才(偉大な貢献をする人物)とは親の遺伝子、民族、環境などに関係なく出現するからです。 これはユダヤ人に対しての「贔屓(ひいき)がある」と判断します。 「贔屓がある」ということは、ノーベル賞が必ずしも「公正ではない」ということになります。

『ウイルス学者、魂の叫び!~SARS-CoV-2が「人工ウイルス」であるということの意味~』

宮沢孝幸氏の街宣は「歴史に残るウイルス学者の警鐘」であり、「真実を知った科学者の魂の叫び」です。 真実は屈してはならないのです。 正義は貫かれなければならないのです。 なぜなら、そこに「自由という名の幸福」があるからです。