CATEGORY

心配だな~!

『mRNAワクチンを打った人は5年以内に〇〇する?? ~コロナワクチンに潜む真の狙いを見抜け‼~』

mRNAワクチンを打つべきかどうかの議論はいまだに喧々諤々争っていますが、意外にシンプルな答えがここにあります。 開発者が「打つべきではない」と言っているのですから「打つべきではない」というのが答えです。 単にmRNAワクチンは害である、というだけではなく、その奥にある真の意図と見抜くことが重要です。 なぜならば、その意図はワクチン以外の問題とも密接に結びついているからです。

『コロナワクチンの危険なロット番号が判明! ~世界規模で計画された恐ろしい人体実験の証拠!~』

コロナワクチンの「毒性」は“ロットによって異なる”と言われています。 「ファイザー社などの製薬会社は、ロット番号をコード化し、最も毒性の高いロットがどこにあるか知っています」 「彼らが安全性と気にしないのは、これが事前に計画されていたものだからです。有害なロットを送り込み、情報を取集するために前もって計画されているのです」

『コロナワクチン3回目はヤバイ! ~元ファイザー職員(女性)の真剣で深刻な告発とは?~』

「コロナワクチンが安全で効果的であるならば、なぜ、ファイザー社の社長はワクチン接種をしていないのですか?」 この矛盾に答えてください。 アチキが個人的に言いたいことは、3回目のワクチン接種をしないでも、実際は感染しない確率の方がはるかに高い。 少しでも不安や疑問があるならば、止める勇気を持つこと。 それが自分の命と健康、そして家族との生活を守ることに繋がる。

『軍事的思考から見る東京五輪の危険性とは? ~「平和幻想」からの脱却!~』

しかし、いまだに触れられていないCOVID-19(パンデミック)に関する大いなるナゾがあります。 軍事的思考からみると「すでに起きたパンデミックは、生物兵器を使用する絶好のチャンス」であり、「知られることなく、敵対する国家に打撃を与えることができる絶好の機会」である、ということ。 要するに、SARS2が人口ウイルスで、開発したのが中国共産党政府ならば、「ウイルス攻撃を仕掛けられた」と考えるのが軍事的思考の導き出す答えです。 軍事的思考からみる五輪開催後の危険とは、「日本発の変異ウイルスの発生による、いままでにない規模の感染被害の発生(第五波)」です。