CATEGORY

怒りの鉄拳

『mRNAワクチン接種後の血液を分析した結果、酸化グラフェンなどの金属化合物が発見された! ~選択支持バイアスの呪縛から逃れる方法とは?~』

mRNAワクチンの成分にわけの分からない金属や粒子、寄生虫が入っているとしたら、あなたはそのワクチンを自分の体内に入れようと思いますか? なぜ、いまだに命と健康にとって危険なmRNAワクチンを打とうとしている人がいるのか? それは、すでにワクチン接種をした方には「選択支持バイアス」が働くからです。 この選択支持バイアスの呪縛から逃れるためにはある方法が有効です。 それは「コロナワクチン接種後に家族などの大切な人を失った人の声に耳を傾ける」ことです。

『製薬会社トップが「コロナワクチンは効かない」と公言した! ~国民の知る権利を侵害しているマスコミと政府にもの申す!~』

いま、全世界は情報統制下にあります。 国民の「知る権利」は侵害されています。 この「知る権利」は、国民が自らの命と健康を守るために「必須の情報」です。 大手テレビ局を中心としたマスコミの流す情報には国民が知らなければならない情報が含まれていません。 ワクチンに関する情報は、国民の命と健康を守るためのものです。 それが偏向した内容(歪められた情報)、肝心なところが欠落した情報のみ与えられています。 要するに、国民をミスリードしているのです。

『コロナワクチンは3種類に分類されていた! ~ワクチン接種者必見(必読)の衝撃的事実とは?~』

「コロナワクチンは実際には3種類のロットに分かれていると告げられた」 「一つはプラセボ、もう一つは猛毒ワクチン、そしてもう一つはその中間のものだ(比較的毒性が低い)」。 本当に感染症の予防、重症化防止であれば、ワクチンの成分は1種類しかないはずです。

『河野太郎議員よ! 国民の声をよく聞け! ~非民主義的政治家、河野太郎議員にもの申す!~』

河野太郎氏の主張には科学的根拠がありません。 すべて政治的イデオロギーからの発言です。 根拠もなく決めつけて相手を黙らせようとする幼稚な話術です。 レッテルを貼って叩き落す姑息な弁論術です。 河野太郎氏の弁論術は「ストローマン論法」と言われているものです。 国民の声に耳を傾けず、高圧的に国民を抑え込もうとする河野太郎氏は、民主主義的な性質を持つ政治家ではありません。

『新型コロナウイルスはRNAウイルスではなく、DNAウイルスだった! ~厚生労働省が隠蔽していた衝撃の事実とは?~』

RNAウイルスは変異が多く発生するが、DNAウイルスは変異が少ない。 中国論文では新型コロナウイルスの塩基配列は、アデニン(A)、グアニン(G)、シトシン(C)、チミン(T)で構成されていることになっているのです。 ウラシル(U)ではなくチミン(T)なのです。 つまり、ウラシルが入っていないのでRNAウイルスではなく、DNAウイルスであるということを科学的に示すものです。 真実を国民に隠すことは明らかに罪なのです!!

『厚生労働省の欺瞞と不都合な真実! ~ワクチン接種を拒否したい方へのアドバイス!~』

報告医が「ワクチンとの因果関係があり、他要因の可能性はなし」と評価している死亡事例が、厚労省では「評価不能」とされている。 「会社の方針だから打て」という強制、「職場の他の人が接種しているから」という同調圧力、「あの人はまだ接種していないから」と偏見を持つことなどは、「やってはいけない」という法律の裏付けがある、ということです。 逆に、「コロナワクチンを接種しなければならない」という法的裏付けは“無い”ということです。 もはや国民は自らの意思と行動によって、自分と家族の命と健康を守らねばならない状況なのです。

『こんなにある警察の事件・不祥事!【2021年上半期】 ~堕落する警察官と腐敗する警察組織に国民は怒るべき!(シリーズ3)~』

国民、市民にとってはいざとなった時に、警察に頼るしかなく、頼りにしたい存在である。 なのに、これでは犯罪を取り締まり、国民を悪事から守るどころか、自ら犯罪行為をする。 この現実に国民は怒るべきである。 なぜなら、警察官を雇っているのは国民なのだから。 基本的に彼らの給料は税金なのだから。

『中国人民が中国共産党政府の「三つ子政策」に猛抗議(罵声を浴びせている)! ~人民を家畜扱いする共産党政府は倒されるべき!~』

これは、人民(国民)が、中国共産党政府の言いなりになる社会や政治であり、「共産党のための人民であり、人民のための共産党政府ではない」ということです。 不正な政治、腐敗した政治によって苦しめられた人民が自らの幸福を取り戻すために政府(王朝)を倒してきたのが、中国の歴史なのです。

『全国民が知るべき新型コロナウイルス感染症対策における東京都の嘘と情報操作!【後編】 ~小池都知事は独裁者気質!~』

東京都(=小池都知事)としては、明確に、公式に訂正発表、謝罪声明をしていない。 なのに、タレントが東京都を批判すると、噛みついて訂正と謝罪を求める。 これが意味するものは、「小池百合子氏の独裁者気質」である。

『全国民が知るべき新型コロナウイルス感染症対策における東京都の嘘と情報操作!【前編】 ~東京都民は、小池都知事に騙された!~』

物事を対処するのに、正確な情報に基づかなければ正しい判断をすることは不可能である。 東京都(=小池百合子都知事)は、最初の緊急事態宣言延長前に、新型コロナウイルス感染症患者の入院患者数を実際よりかなり多く発表していた。 同時に、病床確保数を過少に発表(報告)していた。 つまり、東京都における感染症対策(医療崩壊の危機)が逼迫しているような発表をしていた。 だが、小池百合子都知事(東京都)は、自ら訂正および謝罪をしていない。