『「反グローバリズムの心得」というシリーズ(カテゴリー)をはじめます!~新カテゴリー紹介~』

「反グローバリズムの心得」というシリーズ(カテゴリー)をはじめます!

《新カテゴリー紹介》

新しい記事のカテゴリーを作りました。
『反グローバリズムの心得』です。
このカテゴリーは、グローバリズムに抵抗、戦うための心構え(心得)や思考に焦点を絞ったものです。
つまり、グローバリズムに抵抗(戦う)ための「思想(思考)の武器」ということです。

なぜこのような限定したカテゴリーを作ったのかといえば、「反グローバリズム」を主張していながら、また「保守」の立場を表明していながら、“グローバリズム”を理解していない政治活動家及び言論活動家が多く見られるからです。

孫子の兵法にあるように、「敵を知り己を知れば百戦危うからず」なのです。
よって、グローバリズムと戦うためにはグローバリストの手口、パターン、常套手段などを知る必要があるのです。
なのに、反グローバリズムといいながら敵対するグローバリズム(グローバリスト)の思考パターン、行動パターン、常套手段に無知な人たちがいます。
これは有名、無名に関わらずに“います”。

問題は、名の知れた言論人、インフルエンサーのなかにグローバリスト(グローバリズム)の常套手段を見抜けないことの影響です。
これは敵対していると言いつつも、部分的にはグローバリストを間接的に幇助(ほうじょ)していることと同じであり、すでにグローバリスト(DS)の手の中にいる孫悟空状態でもあるからです。

《DSをよく知る人物とは?》

はじめにお断りしておきますが、私がグローバリストのすべてを知り尽くしているわけではありません(当たり前ですね)。
日々、探求(研究)している者の一人に過ぎない、と言っておきます。
グローバリスト(DS)の組織構造、構成人物、手口、過去行ってきた出来事をすべて知り尽くしている人は皆無と言えるでしょう。
ただし、DS(グローバリスト)と戦う世界的代表選手であるトランプ氏とプーチン大統領は、民間人では知り得ない秘密事項を多く掴んでいるはずです。
また、言論人の中でDSをよく知る人物として河添恵子氏と馬淵睦夫氏を上げておきます。

《日本政界に必要なこと》

岸田政権というグローバリストの手先政権が日本政界で跋扈(ばっこ)している現状において、日本国及び日本国民を守るために必要なことは、グローバリスト(DS)との戦いに勝利すること(グローバリストを排除すること)なのです。
自由と人権、そして信仰を守るためにはグローバリスト(DS)との戦いは宿命なのです。
日本人の中には「信仰」というと条件反射のように毛嫌いをする人がいますが、この点も対グローバリズムには必要なことです。
どう関係しているかを、ほとんどの言論人が理解していません。
ここに日本の大きな問題点があるのです。
これについては今後語る予定です。

グローバリストとは全体主義または独裁主義です。
DSの正体とは、「地球規模の全体主義(独裁主義)」なのです。
つまり、自由を求める人々の敵であり、人権を欲する人たちの敵なのです。
自由と人権の天敵または宿敵、これがグローバリスト(グローバリズム)なのです。
ですから日本国を真の民主主義国家にするためには、日本を日本らしい国家として守るためには、グローバリズムの排除(対グローバリズム戦)が必要なのです。

《私がワードプレス・ブログを使用している理由》

これから記していくこのシリーズは、危険なものです。
もし、これがYouTubeチャンネルであったならば、アカウントは削除されるでしょう。
ここに私がなぜ『ブログ』という文字情報の発信をしているかということの理由があります。
言論統制、言論弾圧は、影響力がある媒体や人たちから潰されていきます。
現代で言えば、「動画(YouTube等)」であることは論を待たないでしょう。
文字情報は「読む」という作業が必要であり、聞き流しができて楽な動画には影響力ではかないません。
ですから、言論弾圧されるのは文字情報よりも動画の方が優先されています。
(文字情報が言論弾圧されていないという意味ではない)
私が考える「最後の言論空間」こそ、私が使用しているワードプレスというブログシステムだと考えています。
民間会社が運営するブログシステムは、運営会社の規約等に制限されますが、ワードプレスには限りなく制限がない言論空間が広がっています。
(現時点では)
ですから、ワードプレスで発信されている文字情報が言論弾圧されたならば、それこそ「言論の自由」は世界中から完全に消える、ということを意味するのです。
そうしたことを理解している多くの人たちがワードプレスを使用しています。

文字情報のメリットを一つ教えます。
印刷すれば即資料となることです。

ただ、このカテゴリーだけではなく、私のブログの多くが、もしYouTubeの動画配信であったならば、動画の削除、そしてアカウントの停止にとっくの昔になっていたでしょう。
私が語る内容は、グローバリスト(DS)側から見れば憎たらしくてしかたがないでしょうから。
ただし、もしかしたらその程度かと“ほくそ笑んでいる”かも知れませんし、影響力がないから放置しているのかもしれません。

《私の挑戦》

このカテゴリーは、私の挑戦でもあります。
未熟であると自覚しながらも、このままではいけないという気持ちから、少しでも日本を含む世界から自由と人権を守りたいという思いを文字情報に変換することで戦っていきたいということです。

私自身はいつ死んでもいいと思っているのですが、守らなければならない存在があるので、なかなかそうもいかない事情もあります。
ですが、私の心の中には「志」があります。
これは私自身への挑戦でもあります。
「おまえはどこまで戦えるのか」
「誰も言っていないことを言えるのか」
「それだけの見識があるのか」
「己の志は本物なのか」
という自分自身への挑戦状でもあるのです。

日本国を守りたい、愛する家族を守りたい、自由でありたい、人権を奪われたくない、戦争が起きて欲しくない、信仰を守りたい、と考えるならば、どうぞこのシリーズ(カテゴリー)をお読みください。
当然、反グローバリズムの人には必読のものとなるでしょう。

未熟であり、影響力はないですが、自由、人権、民主、日本を守りたいという私自身の志がここにあります!

最後までお読みいただき、ありがとうござりんした!


最新情報をチェックしよう!