TAG

役立つ知識

『NHKの暴挙(テレビ受信設備届け出の義務化)にもの申す!【後編】 ~受信料制度で成り立っているNHKを解体・再編成する経営の大改革を提言する!~』

ここで注目しなければならないのは、NHKが「任意の受信契約」という言葉を使用していることだ。 任意とは、当事者(契約を結ぶ側)の同意をもって成り立つという意味である。 こうした時代に「現時点のような公共放送」は必要ないというのが、ご意見番の主張である。

『NHKの暴挙(テレビ受信設備届け出の義務化)にもの申す!【前編】 ~NHKの制度改正(要望)はプライバシー侵害にあたる!~』

NHKは、「個人のプライバシー」よりも、NHKの経費削減、受信契約の増加を重視しているのです。 つまり、「テレビ設置義務化」と「個人情報を公的機関などに照会できるような仕組みの導入」というのは、「個人のプライバシー」を侵害し、「自由な個人の生活」に土足で足を踏み入れることなのです。