MONTH

2020年10月

『NHKの暴挙(テレビ受信設備届け出の義務化)にもの申す!【後編】 ~受信料制度で成り立っているNHKを解体・再編成する経営の大改革を提言する!~』

ここで注目しなければならないのは、NHKが「任意の受信契約」という言葉を使用していることだ。 任意とは、当事者(契約を結ぶ側)の同意をもって成り立つという意味である。 こうした時代に「現時点のような公共放送」は必要ないというのが、ご意見番の主張である。

『NHKの暴挙(テレビ受信設備届け出の義務化)にもの申す!【前編】 ~NHKの制度改正(要望)はプライバシー侵害にあたる!~』

NHKは、「個人のプライバシー」よりも、NHKの経費削減、受信契約の増加を重視しているのです。 つまり、「テレビ設置義務化」と「個人情報を公的機関などに照会できるような仕組みの導入」というのは、「個人のプライバシー」を侵害し、「自由な個人の生活」に土足で足を踏み入れることなのです。

『嘘を平気でつく人間、嘘を繰り返す人間にもの申す! ~嘘つき人間の特徴とは?~』

平気で嘘をつく人間、嘘を繰り返している人間には「嘘つきの特徴」が見られます。 嘘を平気でつく人、嘘を繰り返す人は「自己愛の塊」ですから、当然その続きとして「他人の悲しみ、苦しみなどに鈍感」です。 要するに「嘘つき」は物事の本質を隠し、善悪を曖昧にすることで「真実を捻じ曲げて、自分に有利な結論に持っていく」のです。

『東池袋自動車暴走死傷事故の初公判の「嘘」を見破る!【前編】 ~裁判における問題点を追求する!~』

実は、遺影の持ち込みに関する明確な規定はない。 というよりも、遺影を法廷内に持ち込むことを禁止する法律は存在しない! 「遺影」とは、被害にあった“その人そのもの”なのだ。 遺族にとっては単なる写真ではなく、“愛しい家族そのもの”なのだ。 そして、「遺影」を法廷内に持ち込むという遺族の心情は「ほんの少しでも家族(被害者)の無念を晴らしたい」という思いなのだ。 そして、姿は見えなくなった家族と共に被告と戦うという決意の現れなのだ!

『コロナ渦で半グレによる犯罪が急増! ~草の根の自警団(市民による正義の集団)の活動が必要!~』

この「半グレ」で何が問題かというと、「半グレ」は、指定暴力団の不当要求を禁止する暴対法(暴力団対策法)や暴力団排除条例の対象外となっていることです。 半グレ、暴力団などの犯罪集団から命と財産を守るためには、市民による自警団組織(ボランティア団体)を全国各地で創設することです。