MONTH

2021年10月

『新型コロナワクチン特例承認取消訴訟にエールを送る!【後編】 ~東京地裁の裁判長の暴挙は法治国家と国民への冒瀆!~』

この裁判の重要な意義は、「国が長期安全性の確認もしないまま特例承認し、全国民に接種させようとしている安全管理上の是非、人道上の是非を問う」ということです。 傍聴者の報告の通り、「木原弁護士が係官4人の腕力によって退廷させられ、廊下に投げ飛ばされた」のならば、これは立派な暴行事件となります。 ひとりでも多くの人が、真実を求めるべきです。 そうした意味でも、この裁判のゆくえを見守り、訴訟を起こした人たちにエールを送ります!

『新型コロナワクチン特例承認取消訴訟にエールを送る!【前編】 ~メディアの偏向報道にもの申す!~』

この訴訟はワクチン特例承認取り消しに対する訴訟ですが、問題の本質は引用したコメントにあったように「この訴訟は死者、重篤者の多すぎるワクチンにたいして是非を問う大切なもの」なのです。 その本質から国民の目をそらそうとする報道は報道機関としてはあるまじき行為です。

『厚生労働省の「新型コロナワクチンに関する情報」に強く抗議する! ~製薬会社との契約内容を国民に公表せよ!~』

ワクチン接種と死亡との因果関係が不明であるということは、「ワクチン接種が死亡原因ではない」ということを証明するものではない! 厚生労働省が「ワクチン接種後の死亡がワクチンによるものではない」と言い切るならば、国民は医学的な調査(司法解剖)及び製薬会社との契約内容の情報公開を求めるしかない!! 即刻、製薬会社との契約内容を公開せよ!!

『世界中の研究者が気づきはじめたmRNAワクチンの間違いとは? ~新型コロナウイルス感染症の根本原因はウイルスそのものではなくトゲ(スパイクタンパク質)にあり!~』

「私たちは大きな間違いを犯しました」 カナダ・オンタリオ州ゲルフ大学のバイラム・ブライドル准教授の言葉です。 つまり、ワクチン研究者たちは、mRNAワクチンが従来のワクチンのように動作(作用)すると考えていたのです。 それが後から違うこと(=間違い)に気がついた、ということです。 ワクチンの研究をする専門家でさえ、mRNAワクチンの作用を誤解していた、ということです。

『ワクチン未接種者への差別を禁止! ~ワクチン接種は個人の判断(任意)によるものであり、強制されるものではない。よって差別は不当なもの!~』

ワクチン接種をした人とワクチン未接種者を区別する政策は差別の増長にしかなりません。 いま、ワクチン接種による被害が続出しています。 ワクチン接種をしたことを後悔している方や家族(遺族)がいます。 そうした後悔を生まないためにも声をあげなくてはなりません!! 全国の経営者のみなさんに伝えます。 ワクチン接種を強制または強要することは犯罪です! そんな権利はあなたがたにはありません! 勘違いしないように!!

『新型コロナウイルス感染症の間違った情報発信、誤解を生む情報発信、悪意ある情報発信。 ~迫りつつある超監視社会に声をあげるべき!~』

新型コロナおよびワクチンに関しては政府(自治体含む)とメディア(特にテレビ)によって恣意的な情報発信(または情報発信しない)がされています。 これらの“なぜ”の帰結は結局、「ワクチンを国民に打たせること自体が目的」だからです。 そのためには「感染症が広がっていて、COVID-19が怖い感染症だと国民に思わせたい」のです。 要するに、「パンデミックの早期収束を願っていない存在がいる」ということです。

『武田邦彦氏の「陰謀論が多い」発言に反論する! ~「陰謀」を「陰謀論」と語彙のすり替えをする愚かさ!~』

「陰謀」と「陰謀論」という語彙を同一のものとして議論することは間違いである。 要するに、「陰謀」を「陰謀論」と語彙のすり替えを行うことで、問題の本質を巧妙にすり替えて陰謀を否定または目を逸らす手法なのです。 ですから、陰謀を陰謀論と呼んではいけないのです。 陰謀は陰謀です。 陰謀論という仮説(議論)に置き換えることで陰謀の隠蔽を企むものなのです。

『ワクチン接種者はブルートゥースに反応する! ~ワクチンに関する不都合な真実!~』

「ブルートゥースを起動し、ワクチン接種者に向けると反応する」。 表示されるのはその場所に“ないはずのデバイス”の表示。 同じ人に同じ数字が表示されたら、それが“その人のID”であることが証明される。 「信号は何らかの外部機器から出ているのではなく、その人から出ている」

『ワクチン接種者こそが本当の脅威! ~グローバリストたちの企みは世界を共産主義に染め上げること!~』

免疫の専門家であるクリスチャン・ペロンヌ教授が「ワクチン接種者こそが本当の脅威であり、未接種者にとって危険だ」と指摘しています。 「ワクチン接種はパンデミックを根絶することが目的ではなく、より多くのワクチンを接種することが目的」。 つまり、真の目的は「ワクチンを接種すること自体にある」ということです。