CATEGORY

反省せよ!

『木村花さんを誹謗中傷した男性、出廷せず! ~悪質で卑怯な人間には徹底的な制裁を!~』

「見ず知らずの素性もなにもわからない存在から攻撃される」という恐怖と苦しみである。 「心の価値」を認める社会にならなければ、ネット上の誹謗中傷もなくならないし、そうした事案が裁判で正しく裁かれることはないだろう。 少なくとも“億”の損害賠償が請求できるようでなくては社会から誹謗中傷によって自殺する人を救う力とはならないだろう。

『神戸市の小学3年生が「消しゴム」を忘れて3時間半立たされる! ~「虚言」を吐く教師には児童を教育する資格はない!~』

児童を立たせた教師に聞く、教諭が「罰として立っていなさい」と言っても命じてもいないならば、児童はなぜ教室の前方にある教諭の机の脇に立ったままの状態だったのか? この教師の「言い逃れ」「責任転嫁」「教師としての無責任」「人としての倫理観のなさ」にご意見番は怒っている!

『アンジャッシュ渡部建の謝罪会見にもの申す!【後編】 ~不貞行為をした渡部建より悪い存在が野放しにされている~』

世間の人たちはこの最大の悪事に対してもっと怒りの声を上げるべきでしょう。 渡部建の悪事は個人の悪事ですが、週刊文春の悪事は組織的継続的な悪事です。 だが、不貞行為を笑いに変えるには絶対的な条件がある。 それは、「不貞行為をした渡部建とはまったく別の人間に生まれ変わること」である。 それなくば、「笑い」は起きない。

『YouTubeで志らく氏を誹謗中傷する小林麻耶夫妻にもの申す!! ~番組降板と事務所契約解除の理由は旦那の“スピリチュアル”にある!~』

世間を騒がしている小林麻耶さんの旦那は、どうもスピリチュアルな人のようなので、ご意見番もスピリチュアルな観点から苦言を申し上げる! 世間で出回っている「小林麻耶さん番組降板」のニュースをほとんど見たが、誰も主張(指摘)していないスピリチュアルな回答をご意見番がここに記す。

『東池袋自動車暴走死傷事故の初公判の「嘘」を見破る!【前編】 ~裁判における問題点を追求する!~』

実は、遺影の持ち込みに関する明確な規定はない。 というよりも、遺影を法廷内に持ち込むことを禁止する法律は存在しない! 「遺影」とは、被害にあった“その人そのもの”なのだ。 遺族にとっては単なる写真ではなく、“愛しい家族そのもの”なのだ。 そして、「遺影」を法廷内に持ち込むという遺族の心情は「ほんの少しでも家族(被害者)の無念を晴らしたい」という思いなのだ。 そして、姿は見えなくなった家族と共に被告と戦うという決意の現れなのだ!