CATEGORY

反論する!

『TBS系『サンデー・ジャポン』(ワクチン前に知っておくべき事)に抗議し、反論する!!【後編2】 ~テレビや医者の「印象操作」「洗脳」を見抜く「キーワード識別法」を提示!~』

彼らの騙しの手法は、部分的には科学的説明をするが、肝心な点において科学的根拠を欠く話をし、別の話題に切り替え、個人の感想で誤魔化す、というものです。 本当の科学者(医者を含む)とは、「事実の中から真実を見つけ出す人」です。 「真実を現実の中に埋没させる人は不届き者」です。 真実を隠蔽し、人を騙す科学者(医者を含む)は、科学者という仮面をかぶった偽科学者です。

『TBS系『サンデー・ジャポン』(ワクチン前に知っておくべき事)に抗議し、反論する!!【後編1】 ~ワクチン接種が強制的(当たり前の空気醸成を含む)であってはならない理由とは?~』

COVID-19の予防接種に関して重要なことは、「本人の承諾が必要」である、ということです。 重要なことは、本人が嫌がっているのに、本人がワクチン接種を受けたくないと言っているのに、接種させることはできないことです。 「本人の承諾」がない場合、医療行為に該当しませんので、医師法違反となります。

『TBS系『サンデー・ジャポン』(ワクチン前に知っておくべき事)に抗議し、反論する!!【前編】 ~「ネット情報はデマ」という「デマ」を完全論破!~』

『重要論点』=「奥仲氏は、番組内で、科学的根拠を示してデマを論破したのではない」ということ。 長期的な調査が必要であり、治験が終了していないワクチンであるにもかかわらず、「不妊になる」「遺伝子が組み替えられる」「長期的な安全性が分らない」という3つの情報を完全に否定(デマと決めつける)する科学的根拠はなんですか? 4~6については治験が終了していないので、科学的根拠がそもそも存在しないのだ。 そこにエビデンスは、いまのところ存在しないのだ。 よって、「デマ」などと完全に否定することはできない、のだ。

『コラムニスト伊是名夏子氏の「乗車拒否された」発言炎上騒動にもの申す!【追記2】 ~伊是名氏擁護の東京新聞の記事は、朝日新聞に続く赤字転落の序章~』

差別、差別と叫ぶ障害者の人たちには、健常者への差別意識があることに気がつくべきです。 東京新聞の記事は、論点ズラしの論法を使用して感情論に訴え、世間の人たちをミスリードするための偏見に満ちた印象操作である! もしもの話。 もしも、体重100㎏の人が愛宕神社に参拝に行ったら・・・。

『コラムニスト伊是名夏子氏の「乗車拒否された」発言炎上騒動にもの申す!【追記1】 ~伊是名氏擁護の東京新聞の記事は「論点ズラし論法」であり、擁護の体をなしていない!~』

松田氏は、一般の障害を持つ人たちの伊是名氏に対する批判には耳を貸さず、行政などに障害者の権利を要求する立場の人の意見だけを紹介するのは公平性を欠く、と指摘している。 もとみつ氏は「これは完全に印象操作」だと指摘している。 なぜなら、論争の大事なところが出ていないからだと言う。

『コラムニスト伊是名夏子氏の「乗車拒否された」発言炎上騒動にもの申す!【後編】 ~伊是名氏が誹謗中傷(?)されないためにすること、とは?~』

伊是名氏はブロブやSNSで「誹謗中傷されて夜も眠れない」と主張しているので、アチキはかわいそうだと思って、伊是名氏が誹謗中傷(?)されないためのアドバイスをいたしんす! 耳の穴かっぽじって、よ~くお聞きなさい!! 「居宅介護の申請で嘘をついた?」=ヘルパー虚偽申請疑惑 「ディズニーランドを子供料金で入場した?」=ディズニーランド小人料金入場疑惑 この2つについて、世間の人たちにきちんと説明してください! それが世間の人たちの納得するものであれば、疑惑を晴らすものであれば、伊是名氏への誹謗中傷は止むでしょう!

『コラムニスト伊是名夏子氏の「乗車拒否された」発言炎上騒動にもの申す!【前編】 ~伊是名氏が要求した「合理的配慮」は妥当か?~』

「合理的配慮」には、「均衡を失した又は過度の負担を課さないもの」という制限が設けられている。 「合理的配慮」を求められても、「過重な負担」である場合、それを理由として配慮を求めた本人にその理由を説明することで、「合理的配慮」を無理に実行しなくてもいい、ということです。

『TVプロデューサーの「過剰な演出は“やらせ”ではない」発言に反論する!【後編】 ~リアリティー番組において「過剰な演出は“やらせ”である」!~』

メディア業界には「やらせ=視聴率を取るために必要な演出」と考える思想(文化)が根付いている。 「過剰」「演出」「やらせ」という3つの言葉の意味を読み解いていくと、明らかになる論理がある。(リアリティー番組が話の前提です) それは「過剰な演出」=「やらせ」という公式である。

『TVプロデューサーの「過剰な演出は“やらせ”ではない」発言に反論する!【前編】 ~「演出」と「やらせ」の区別がつかないTVプロデューサーにもの申す!~』

要するに「出演者が視聴者を意識」することは、「リアル」の世界から「やらせ」の世界へ一歩足を踏み入れることになるのです。 この問題に対して身内であるTVプロデューサーから援護射撃をすることが、この寄稿の真の目的(意図)であると、ご意見番は判断します!