CATEGORY

喝を入れる

『ワクチンパスポートについてデジタル庁に聞いてみた! ~デジタル庁と国民のやり取りについて!~』

ワクチン接種を表面では「任意」だとか「努力義務」だとか言っておきながら、実質的には半強制なのです。 ここがワクチンパスポートの最大の問題点です。 もう一つの問題点は、ワクチンパスポートの前提であるワクチン接種を国会議員を含めた国家公務員たちがほぼ接種してないという点です。 要するに、ワクチンパスポートの問題とは「ワクチン接種をさせるための誘導と処罰」なのです。

『予防接種健康被害救済制度の問題点を指摘する! ~厚生労働省は速やかにコロナワクチン接種被害者を救済せよ!~』

コロナワクチンが緊急使用ならば、予防接種による健康被害の救済制度も緊急の適用でなければならない。 いま必要な政策は、3回目のワクチン接種ではなく、すでに起こっているmRNAワクチンというワクチンではない薬剤による健康被害を救済することです!!

『感染対策の“布マスク”で121億円の無駄使い! ~反省しない政治家と官僚にもの申す!~』

2021年3月末の時点で感染対策目的として調達されたはずの布マスクが配布されないまま民間の倉庫に保管されていたのです。 なんとその保管費用が6億円。 布マスク配布の感染対策の一番の重要ポイントは、「税金の無駄使い」という点です。 税金を別な表現であらわすと「血税」です。 つまり、国民の「血」と「汗」なのです。 万が一、血税を無駄使いしたならば、国民に対して説明と謝罪が必要です。

『中国人民解放軍が最終兵器(核兵器)を使用するぞと恫喝する動画を拡散!【後編】 ~いま、日本に必要なものは「武士道精神」~』

日本は断固、台湾を守るべき! なぜなら、日本は台湾を統治していた時代があり、中国本土の政府が台湾を統治したことは一度もない、ということが歴史的事実だからだ。 日本を恫喝国家中国、強盗国家中国から守るために必要なことは、「親中派の政治家を選挙で落とす」ことです。 いま、日本に必要なものは『武士道精神』です。

『中国人民解放軍が最終兵器(核兵器)を使用するぞと恫喝する動画を拡散!【前編】 ~日本に宣戦布告する中国!~』

「我々が台湾を解放する時、もし日本が軍事的に介入してきたら、たとえ一人の兵士、一機の戦闘機、一隻の軍艦だけであっても最大限の攻撃を始める」 「まず最終兵器を使う。そして、最終兵器を使い続ける。日本が二度目の無条件降伏をするまで」 「我々は尖閣諸島と沖縄を取り戻す。我々は尖閣と沖縄を支配して独立させる」

『空手五輪代表植草歩選手のパワハラ騒動に、もの申す!【後編】 ~植草選手のパワハラ騒動は、「植草選手が先取するも、香川師範は負傷して退場、試合は植草選手の反則により、植草選手の負け!」~』

植草選手がケガをした状況が植草選手の嘘だった場合、刑事告訴したならばいずれ裁判で「嘘」がバレて、逆に植草選手が罪を被ることになる。 それが「虚偽告訴罪」だ。 「植草選手が先取してポイントを取るが、香川師範が負傷し退場。その後、植草選手の反則が確認されて、植草選手の反則負け!が決まる」

『プラスチックのスプーン有料化は愚策中の愚策!【後編】 ~小泉進次郎環境大臣にもの申す!「庶民イジメのバカな法案は即刻やめなさい!」~』

進次郎氏に質問する! どこの誰が「いつ洗えるか分からないマイスプーンを持ち歩くのですか?」 想像力の欠如という言葉では、表現しきれない! 進次郎氏の言葉を聞く限り、判断を知る限り、政治家としての資質はあまりにもなさ過ぎる。 逆に、庶民を苦しめる存在としかなっていない。

『作家百田尚樹氏の発言にもの申す! ~真の敗北とはなにか?~』

確かに、もし、このままトランプ大統領が反乱法の適用、戒厳令を発しないのであれば、民主主義社会にとって暗黒の時代の始まりとなります。 ですから、ご意見番としても百田尚樹氏と同様に、反乱法の適用を適用するべきだと考えています。 現代社会における「革命の武器」は、「言葉」「言論」です。 “言論”こそ「正義の刃」なのです。 “真実を明らかにすること”こそ、悪なる独裁主義と共産主義たちへの最大の攻撃なのです。