TAG

新型コロナウイルス

『コロナワクチンは3種類に分類されていた! ~ワクチン接種者必見(必読)の衝撃的事実とは?~』

「コロナワクチンは実際には3種類のロットに分かれていると告げられた」 「一つはプラセボ、もう一つは猛毒ワクチン、そしてもう一つはその中間のものだ(比較的毒性が低い)」。 本当に感染症の予防、重症化防止であれば、ワクチンの成分は1種類しかないはずです。

『ファイザー社と政府の契約(コロナワクチン)は「国民への裏切り」! ~新型コロナ感染症対策における日本政府の最大の罪とは?~』

ファイザー社とワクチン供給契約を結んだ政府はファイザー社の下僕となったことを意味しています。 政府が下僕なら、その国民はなんでしょうか? 新型コロナ感染症及びコロナワクチンに関しては、明らかに日本政府には大きな罪があります。 正確に言うと、政府とマスコミ(特にテレビ局)には大罪があります。 それは「真実を国民に知らせない罪」です。

『あらためて言う! 新型コロナ感染症は「空気感染」! ~政府は新型コロナ感染症対策の間違いを認め、国民に謝罪するべき!~』

「感染経路を間違える」ということは「感染対策を間違える」ということ。 重要なことは、「暴露=感染ではない」ことです。 「陽性=感染とは限らない」のです。 新型コロナ感染症に関する最も重要で最終的解決につながる問題とは、「SARS-Cov-2がどこから発生したのか?」ということです。 SARS-Cov-2が人口ウイルス(生物兵器)なのか自然発生のウイルスなのか、ということを抜きにして、この世界的パンデミックの解決及び収束はありえません!!

『人類に偉大なる貢献をしたリュック・モンタニエ博士に哀悼の意を表して【後編】 ~モンタニエ博士からのメッセージ~』

リュック・モンタニエ博士の名を人類は決して忘れはしないでしょう。 モンタニエ博士は真実と正義を貫いた科学者として歴史に名を刻んだのです。 願わくば、汚名が濯(そそ)がれ、名誉が回復されることを強く祈念いたいます。 謹んで、モンタニエ博士のご冥福をお祈りいたします。

『人類に偉大なる貢献をしたリュック・モンタニエ博士に哀悼の意を表して【中編】 ~医療従事者及び製薬会社はヒポクラテスの誓いを順守するべき!~』

医学の倫理について話しよう。ヒポクラテスの誓いから始めよう。 我々は倫理を尊重しなければならない。患者を癒し、治療しなければならない。彼らを殺害してはならない。しかし、不幸なことに我々が間違いなくそうやっている。 モンタニエ博士はウイルス学の世界最高峰です。 その方が「SARS2は人口ウイルス」であり「コロナワクチンは毒物」であると言っているのです。

『人類に偉大なる貢献をしたリュック・モンタニエ博士に哀悼の意を表して【前編】 ~人の死に際する報道にもの申す!~』

モンタニエ博士の主張に反論があるならば死去を伝える報道時ではなく、別の機会にするべきです。 それが報道の正しいあり方です。 モンタニエ博士のHIV発見とその後の研究の業績を認めるならば、博士の反ワクチン及び新型コロナウイルスに関する科学的見解を認めるべきです。 モンタニエ博士のこの言葉の意味は、「武士道精神」の現れと言っていいでしょう。 つまり、「死を思って義に生きる」「死を覚悟して奉仕に生きる」「死ぬ覚悟を持って真実を明らかにする」ということです。

『「魔法の薬」と称賛されるイベルメクチンをなぜ公式承認しないのか? ~イベルメクチンを公式承認しない奥にある思惑(計画)とは?~』

もし、COVID-19(パンデミック)を収束させる薬があったら使いたいと思いませんか? パンデミックを収束させる「魔法の薬」はすでに存在しています。 アバターが仮想空間で活動する社会を本気で目指し、そこに「地球政府」を置く。 その利益と支配権を独占する。 それを実現しようとしているのがDSです。

『ワクチンは意図的に作られた毒薬?! ~いま、必要なことは「真実を知ること」「真実を知らせること」~』

何の理由もなく、全世界で大規模にワクチン接種をさせることは無理です。 全世界規模のワクチン接種をさせるためにパンデミックは計画された、ということです。 ワクチン接種を理由づけするために未知なるウイルスによるパンデミック発生が必須だった。 ワクチン接種者が死亡しても、それを調べたとしても、そもそも「ワクチン接種が原因だと特定できない設計」となっているからです。 つまり、「証拠を残さない毒殺(毒薬)」だということです。

『オミクロン変異株の“南アフリカ起源説”は嘘? ~アフリカのCOVID-19感染被害が少ないのはなぜか?~』

「変異株は南アフリカに由来するものじゃない」 これが、オミクロン変異株の発祥に関する結論だと思われます。 では、なんでしょうか? あくまでも予測と言っておきますが、オミクロン株は南アフリカをターゲットとして撒かれたか、他の場所で発祥したにもかかわらず、南アフリカ発祥と意図的にされた、と見るべきでしょう。