TAG

WHO

『IHR55条違反が意味すること、それは「5月のWHA決議は無効」!【後編】~WHOテドロス事務局長が5月のIHR改訂に固執している真の理由とは?~』

WHOは、現時点で2つのルール違反をしています。 2022年の「59条改正手続き」と今年の「総会の4か月前までの最終バージョンの通知」を守っていないのです。 共にIHR改正手続きの55条違反です。 日本政府はWHOと歩調を合わせるように国内法(緊急事態条項など)の整備を企んでいるのです。 日本政府の動きはWHOと連動しているのです。

『IHR55条違反が意味すること、それは「5月のWHA決議は無効」!【前編】~WHOは、IHR規則第55条(改正)に違反している!~』

これが意味することは、2024年5月のWHO総会にてIHR改訂は決議できない(無効)、ということです。 WHOには、IHR改正規則(55条など)を守る法的義務がある。 これが加盟国の民衆がWHOにIHR改正の拒否を突き付ける正当な理由です。

『パンデミック条約締結及び国際保健規則(IHR)改訂を拒絶(阻止)するための“理論武装”!【国際法編】~主権国家が存在しなければ国際法も存在しない!~』

国際法の基本原則とは、 「国家が存在しなければ国際法も存在しない」。 条約を含む国際法と主権国家との関係は「上下関係ではない」。 国際法とは、世界全体に対して強制権を持ちうる世界法ではない。 国際社会の主役はあくまでも主権国家にあり。 ですから、パンデミック条約及びIHR改訂に反対する活動の主点は「自国政府への非難(反対運動)」でなければならないのです。

『パンデミック条約締結及び国際保健規則(IHR)改訂を拒絶(阻止)するための“理論武装”!【学説優位論・後編】~すべての公務員(国会議員含む)は、「憲法」を尊重し擁護する義務を負う!~』

総理大臣を含む国務大臣や公務員である官僚には「日本国憲法を尊重し擁護する義務がある」。 第99条の縛りがある(規定されている)ので、原則的に憲法に反する条約を結ぶことはできないのです。 条約がすべて憲法に優先する=「条約優位説」とは、結局、“グローバリズム思想”に他ならないのです。 自国の主権、国民の基本的人権及び自由を守る立場に立てば、憲法優位説を取ることになる。 それが「保守の思想」です。

『【緊急課題】2024年世界統一政府が始動する?!【追記編】~WHOとは何か? 国家とは何か?~』

どうしてもWHOに従いたくば、「選挙」にて国民に問うがよい! 選挙にて主要な政策として国民に判断を問うことだ! 国民はパンデミック条約及びIHR改訂の内容を吟味して、政治家を選別することだ! しかし、国民は理解するべきです。 ことは「急を要する」と!

『【緊急課題】2024年世界統一政府が始動する?!【後編】~自由と人権を守る唯一の手段は「WHO脱退」&「WCH加盟」!~』

自国政府の支配が“領域”とその土地に住む“民”に及んでいること。 これが「主権」と言われるものなのです。 国家主権とは、他国の何者にも譲ることのできない独立かつ絶対の統治権なのです。 ですから、一部とはいえ、主権が奪われる(喪失)ということは“統治権の放棄(破棄)”であり、“隷従する国家”という意味になるのです。 WCH日本支部が立ち上がったので、多くの国民は知るべきです。 あなたも家族や友人、知り合いなどにWHOの企みとWCHの存在を伝えてください。

『【緊急課題】2024年世界統一政府が始動する?!【前編】~WHOのパンデミック条約・IHR(国際保健規則)改訂は世界独裁体制の樹立!~』

WHOのパンデミック条約及びIHR改訂の問題は、いま対処するべきプライオリティ・レベルMaxだと言っておきます。 もし、そうした自由の無い(選択肢の自由が無い)世界、人権を奪われた世界が嫌だと思うならば、“抵抗”するのです。 日本政府やWHOに対し「NO!」と拒絶の意志を突きつけるのです!

『COVID-19及びmRNAワクチンに関する“謎”の追求は終らない!【妨害編】~イベルメクチンの使用は「妨害」されていた!~』

医療とは何でしょうか? 人の命を救うためのもの? 人の命を最優先にすること? それとも、 立場や名誉を守るためのもの? 特定の誰かの利益を生み出す(守るための)もの? 医薬とはなんでしょうか? 人の命を救うためのもの? それとも、 お金儲けをする道具?