MONTH

2021年6月

『改正銀行法は国家の危機を招く“諸刃の剣”! ~日本はスイスの「民間防衛」に学ぶべき!~』

改正銀行法は“諸刃の剣”である。 銀行が経営権も持つようになった場合、短期利益主義の銀行は、すぐに現金化することがあり得るため、経営権を握った企業を外資に売り飛ばすことが可能となってしまう。 要するに、侵略者たちは、「権力者(政治家)」と「マスコミ」を利用することで、知らず知らずのうちに侵略国家と同じ価値観に染め上げてしまうのです。 それは侵略されている国家の国民が気づかないように行われます。

『中国人民が中国共産党政府の「三つ子政策」に猛抗議(罵声を浴びせている)! ~人民を家畜扱いする共産党政府は倒されるべき!~』

これは、人民(国民)が、中国共産党政府の言いなりになる社会や政治であり、「共産党のための人民であり、人民のための共産党政府ではない」ということです。 不正な政治、腐敗した政治によって苦しめられた人民が自らの幸福を取り戻すために政府(王朝)を倒してきたのが、中国の歴史なのです。

『新型コロナウイルス(サーズ2)は、武漢研究所で作られた生物兵器という証拠が出た!【後編】 ~パンデミックを引き起こしたウイルスの起源は、「そのウイルス名」にあり!!~』

「SARS-cov-2」というウイルス名が意味することは、SARS2が中国で作られた人口ウイルスであることなのです。 ウイルスの起源を巡る真相はウイルス名に隠されていたのです。

『新型コロナウイルス(サーズ2)は、武漢研究所で作られた生物兵器という証拠が出た!【前編】 ~主要メディアが伝えない最重要情報はウイルスの起源に関する情報!~』

新型コロナウイルス(サーズ2)が人口ウイルスである証拠とはなんでしょうか? それはウイルス(サーズ2)から、「固有の指紋が発見された」ことです。 その固有の指紋とは、「実験室で人為的に手を加えた場合だけにあらわれるもの」なのです。

『特定の帰化人(政治家と公務員)の情報を公開し、国家安全上のスパイ活動や破壊工作を防止する法の整備が急務! ~蓮舫議員が驚愕する、スパイ活動・破壊工作を防ぐ「特定帰化者情報公開法」の提言!~』

広義の意味での戦争は「情報収集をするスパイ活動」「潜入した国家の破壊活動、混乱を招くための攪乱活動」から始まるのです。 それが軍事学からみた戦争の常識です。 戦争とは、スパイ活動から始まり、戦闘の優劣で決着がつき、講和条約などによって終るものなのです。 それが国際社会の常識です。