CATEGORY

裁きの天秤と正義の剣

『滋賀県東近江市湖東記念病院で起きた看護助手冤罪事件。 ~再審無罪への17年間の闘い~』

今回はひさびさに冤罪事件を扱います。憤怒しないよう、ご注意を・・・。 【「私は殺していない」でも信じてもらえない】 あなたがもし、「私は殺していない」そう訴えても信じてもらえなかったら、どうしますか? いまから3年前の2017年8月25日、長い刑期を終えて自由な世界に戻ってきた人がいました。滋賀県彦根市に住む西山美香さんは、24歳で逮捕され、12年の刑期を終えたとき37歳(当時)となっていました。 […]

『知っておきたい冤罪事件から身を守る法律など』

【元検事の驚くべき告白】 元検事で「検事失格!」という著書がある市川寛氏はこう語っています。「冤罪被害の人は無実ですが、では、真犯人には同じことやっていいのか? という問題が根底にあると思う」「犯罪というのは誰もがやるから法律で禁止しているんです。簡単ですよ、やっていない人をやったと言わせられるし、5年の罪を10年に仕立てあげる訓練を受けている」 これこそ犯罪だと思います。悪行であることは間違いな […]

『事件が存在しないのに犯罪者とされた史上最悪の冤罪事件【検証&糾弾編】』

まずは【事件の詳細編】をご覧ください。 冤罪事件というものは、事件自体は存在するが、犯人を間違えたために無実の人が有罪になるものです。ですが、今回の冤罪事件は驚くべきことに「事件自体が存在しない」冤罪事件なのです!恐るべし恐るべし。 【鹿児島県警本部刑事の悪事を糾弾する】 史上最悪の冤罪事件なので、ツッコミどころ満載です。逆にツッコミどころが多すぎて困るほどです。(アチキは疲れましたよ。多すぎて! […]

『事件が存在しないのに犯罪者とされた史上最悪の冤罪事件【事件の詳細編】』

今回も「0.1%の奇跡逆転無罪ミステリー」というテレビ番組から怒りの内容を伝える最終回でありんす!最終回に相応しく最強最悪の冤罪事件を糾弾するでありんすよ~! まずは、番組を観ていない方のために事件を詳細に伝えます。(番組をご覧の方は、【後編】の《検証&糾弾編》に飛んで読んでください) 冤罪事件というものは、事件自体は存在するが、犯人を間違えたために無実の人が有罪になるものです。ですが、今回の冤罪 […]

『優良ドライバーが6年間犯罪者扱いされた冤罪事件』

今回も「0.1%の奇跡逆転無罪ミステリー」というテレビ番組から怒りの内容を伝えるでありんす!番組を観ていない方のために事件を詳細に伝えます。(番組をご覧の方は、《検証&糾弾》に飛ばして読んでもけっこうです) 冤罪とは、決して特殊な人だけに起こる悲劇ではなく、明日あなたの身に起こるかもしれない事件なのです。なんの前触れもなく襲ってくるのが冤罪なのです。 【バスを運転していただけなのに犯罪者扱いされた […]

『子育てしていただけなのに、虐待で逮捕された冤罪事件』

今回も「0.1%の奇跡逆転無罪ミステリー」というテレビ番組から怒りの内容を伝えるでありんす!番組を観ていない方のために事件を詳細に伝えます。(番組をご覧の方は、《検証&糾弾》に飛ばして読んでもけっこうです) 日本の裁判における有罪率が99.9%。 これは異常なことであることを広く世間の人に知って欲しくてこの記事を書きます。 【すべての親に起こりうる虐待という冤罪】 大阪府に住む田中英司さん、優子さ […]

『電車で座ろうとしただけなのに痴漢にされた冤罪事件』

アチキは、またまた怒ってるんでありんす!「0.1%の奇跡逆転無罪ミステリー」というテレビをみなさん観たでありんすか?番組を観ていない方のために事件を詳細に伝えます。 その前に・・・。 【カルロス・ゴーンが国外逃亡した理由(わけ)は】 2018年11月19日に、金融商品取引法違反の容疑で起訴されていた日産自動車の元CEOカルロス・ゴーンが国外逃亡をした。彼はなぜ国外逃亡を謀ったのか? 日本の裁判にお […]

『オリンパス社員が味わった内部通報の悪夢(上司たちとの1000日戦争)【追記】』

【キメラさんから寄せられたコメント】 『オリンパス社員が味わった内部通報の悪夢(上司たちとの1000日戦争)』の記事に対してコメントがよせられたので、さらにオリンパスの記事を追記したいと思うでありんす。 どうしてコメントに対して、記事を書くのか?それは、オリンパスの株主であるキメラさんからよせられたものは単なるコメントというよりも、“内部告発”といっていいものだったからです。 内容は、八王子研究所 […]

『オリンパス社員が味わった内部通報の悪夢(上司たちとの1000日戦争)【後編】』

まずは『オリンパス社員が味わった内部通報の悪夢(上司たちとの1000日戦争)【前編】』をお読みください。 【逆転への道のり】 一審での判決後、濱田さんは東京高裁に控訴します。公益通報者保護法違反で訴えることが出来なくなった濱田さんは、新たな戦術を考えだします。 それはコンプライアンスカードに書かれてあることを利用することにしたのです。「相談や申告の事実と内容は、秘密の厳守が保証され、通報者が不利益 […]

『オリンパス社員が味わった内部通報の悪夢(上司たちとの1000日戦争)【前編】』

【上司たちとの1000日戦争】 もし、あなたが自分の所属する会社(組織)で不正行為を見つけたら、どうしますか? 長いものには巻かれますか?告発しても潰されるから、目をつぶって知らない振りをしますか?それとも、不正と闘いますか? 今回は、不正行為を内部告発し、闘った人に注目するでありんす。 オリンパス株式会社という大企業があります。カメラなどの事業で有名な企業です。このオリンパスという会社の社員であ […]