TAG

社会問題

『ワクチン後遺症の患者を治療する長尾医師が刑事告訴に出た! ~医者ならば患者に寄り添い治療に全力を傾けるべき!~』

「意見」は、相手の主張に反することであっても、相手の人格を否定するものではありません。 単なる「考え」の違いを提示するものです。 ですが、「悪口=誹謗」は、相手を傷つけるために発されるものです。 議論と喧嘩が違うように、意見と誹謗もまた違うものなのです。

『嘘つきとの論争に困っている人にエールを送る!【後編】 ~嘘つきは地獄へ落ちる!~』

嘘つきは、 素直に相手の苦言を聞き入れることができないのです。 素直に自分の過ちを認めて謝罪することができないのです。 素直さの欠如、謙虚さの欠如、そして反省ができない、これが噓つきに共通する特徴です。 要するに、自己愛が強く、うぬぼれが強いのです。

『嘘つきとの論争に困っている人にエールを送る!【前編】 ~嘘つきの論法とは?~』

嘘つきはなんでもありです。 ルールを守って闘う者と、ルールを無視してやりたいことをする者とは、一見ルールを守る方が不利な展開になることもあります。 しかし、宇宙を貫く法則は捻じ曲げることができません。 嘘は必ずいつの日か、バレます。 ですから、嘘つきとの論争において「議論に負けた」と思った方がいましたら、そんなことはないと言っておきます。 なぜなら「真実を語ること」そのものが「勝利」だからです。 「嘘をつくこと」そのものは「敗北」だからです。 それが宇宙を貫く法則です。

『ブースター接種(3回目接種)と4回目以降のワクチン接種の是非を論じる! ~ワクチン接種推進派の人たちよ、情報操作はもう止めなさい!~』

新型コロナウイルス及びmRNAワクチンに関することにおいて、国民(接種者)にとって重要な論点は、それが「情報戦争」である、ということです。 自分と家族の命と健康を守る為の「防衛戦」であるということです。

『ツイートのスクショは著作権侵害の裁判にもの申す!【後編】 ~スクショツイートは表現の自由と言論の自由を担保するために認めるべき!~』

今回の裁判所の判定は「実際のTwitterの使用実態を無視したもの」と言えます。 重要なことは、「正当な批判は認められるべき」「自衛の手段として対抗言論は必要不可欠」であり、「悪質な誹謗中傷、名誉毀損は内容で判断するべき」であって、言論の自由はよほどのことがない限り認めなければならない、ということです。 それは「公正な慣行」に反する判断だと言っておきます。 「言論には言論を持って対抗することは許されるべきである」

『ツイートのスクショは著作権侵害の裁判にもの申す!【前編】 ~スクショツイートが著作権侵害であるかを検証する!~』

Twitterの場合、著作権侵害に該当するためのポイントは、ツイートが「文芸、学術、論文などの著作物と同等の価値を有するものであること」である必要があります。 もう一つのポイントは、引用が「公正な慣行に合致するものであり、批評などを加えるための使用であり、なおかつ、公表された著作物であれば引用が可能となる」ということです。 これが、著作権法を素直に理解したときの観点です。

『スーパーの「手前取り」販売にもの申す!! ~地球に優しい販売は顧客に優しくない販売!~』

「当スーパーは、食料品の無駄を無くすために『商品の手前取り』を推奨し、商品の無駄をなくし、地球環境に配慮しています」 これって、おかしくないですか? 重要な論点は、手前から取ろうが奥から取ろうが客の自由だ、ということです。 商品の廃棄ロスを否定しているのではありません。 誰が商品の廃棄ロスの責任を取り、誰が努力するべきか、という議論をしているのです。

『ワクチン未接種者への差別を禁止! ~ワクチン接種は個人の判断(任意)によるものであり、強制されるものではない。よって差別は不当なもの!~』

ワクチン接種をした人とワクチン未接種者を区別する政策は差別の増長にしかなりません。 いま、ワクチン接種による被害が続出しています。 ワクチン接種をしたことを後悔している方や家族(遺族)がいます。 そうした後悔を生まないためにも声をあげなくてはなりません!! 全国の経営者のみなさんに伝えます。 ワクチン接種を強制または強要することは犯罪です! そんな権利はあなたがたにはありません! 勘違いしないように!!

『五毛党の工作活動はネットテロ! ~国家防衛のために五毛党を排除せよ!~』

五毛党とは、中華人民共和国における中国共産党配下のインターネット世論誘導集団のこと。 中国共産党政府がこれらの工作員によって世論操作のためにSNSなどに投稿させている「やらせ書き込み=(工作活動)」は、年間で4億8800万件以上と思われています。 これが意味することは、日本国内の世論が間違った方向に誘導され、選挙や政治活動が誘導され、日本の伝統が破壊され、共産主義が日本に蔓延することになります。

『「夫婦別性」論争にもの申す! ~夫婦別性制度は日本社会の破壊をもたらす!~』

夫婦別姓は、必然的に「親子別性」をもたらします。 つまり、夫婦別姓論者は、「子どもの立場を無視または軽視」しているのです。 考えているのはあくまでも「個人である自分たちだけ」なのです。 「夫婦別性制度」の問題点は、家族よりも個人を優先して考える結果、「家族の絆」を破壊し、「共同体として家族」を崩壊させかねないことです。 それが意味することは、日本の中国化であり、共産主義化なのです。 夫婦別姓は、日本人の精神構造を破壊してしまうのです。