TAG

スポーツ

『軍事的思考から見る東京五輪の危険性とは? ~「平和幻想」からの脱却!~』

しかし、いまだに触れられていないCOVID-19(パンデミック)に関する大いなるナゾがあります。 軍事的思考からみると「すでに起きたパンデミックは、生物兵器を使用する絶好のチャンス」であり、「知られることなく、敵対する国家に打撃を与えることができる絶好の機会」である、ということ。 要するに、SARS2が人口ウイルスで、開発したのが中国共産党政府ならば、「ウイルス攻撃を仕掛けられた」と考えるのが軍事的思考の導き出す答えです。 軍事的思考からみる五輪開催後の危険とは、「日本発の変異ウイルスの発生による、いままでにない規模の感染被害の発生(第五波)」です。

『空手五輪代表植草歩選手のパワハラ騒動に、もの申す!【後編】 ~植草選手のパワハラ騒動は、「植草選手が先取するも、香川師範は負傷して退場、試合は植草選手の反則により、植草選手の負け!」~』

植草選手がケガをした状況が植草選手の嘘だった場合、刑事告訴したならばいずれ裁判で「嘘」がバレて、逆に植草選手が罪を被ることになる。 それが「虚偽告訴罪」だ。 「植草選手が先取してポイントを取るが、香川師範が負傷し退場。その後、植草選手の反則が確認されて、植草選手の反則負け!が決まる」

『プロボクシング界のタトゥー(入れ墨)是非論争にもの申す!【前編】 ~プロボクサーによるタトゥーの是非を問う!~』

井上尚弥は、「ルールがある以上守らなければならない」と反論した。 ルールがあってルールを守るのはスポーツマンシップであって、プロ選手ならば当然のことだ。 あえて言えば、ルールを知っていてルールを破ることは人間性が欠如していると言われても仕方がないことだ。 ましてやチャンピオンがやってはいけないことだ。

『東京オリンピックのマラソン開催地についてもの申す!』

アチキはね~呆れてるんでありんす! 来年(2020年)開催の東京オリンピックのマラソンと競歩の開催地が東京から札幌に変更されちまったとさ。 アチキはねっ、これについて言いたいことがあるんですよ。一言で言うと、「今さら、それはねぇ~んじゃないのか!」ってなことでありんす! 次期オリンピックの開催はとっくの昔(数年前)に決まっていたじゃね~のかい!どうしていまさらそんなことを言いだすんだい!まずはここ […]