TAG

教育

『12歳以下の子供へのワクチン接種にもう申す! ~イギリスでは15歳以下の子供へのワクチン接種承認を拒否し、沖縄では子供へのワクチン接種停止を求めている!~』

保護者とすれば、「もし、万が一、将来ワクチン接種によって被害が出たら…」と不安に思うことは当然だと思います。 逆にそれを考えず、テレビの流す情報を鵜呑みにして子供にワクチン接種をしてしまい、将来に何らかの障害や副作用が出た場合、後悔してもし切れないでしょう。 日本全国の学校(教師)は、「子供の将来に責任を取れるのか?」と問われて「はい、取ります」と答えることはないでしょう。 では、政府は責任を取ると思いますか?

『政府よ、マスコミよ、専門家よ、ワクチン接種被害者たちの悲痛な声を聞け!3 ~「子どもたちにワクチンを接種させることは犯罪(モンタニエ博士の発言)」~』

健康であった子供がワクチン接種後に心筋炎や神経症になるということは、原因としてワクチン接種を疑うのが当然ではないでしょうか? そうした危険があることを知らないで自分の子供にワクチン接種をして、万が一副作用が起きたら、後悔しても遅いのです。

『実名、顔出しでイジメと闘う佐藤和威さんにエールを送る!【後編2】 ~イジメ撲滅を阻害する要因(大人たち)とは?~』

イジメ問題の最深部とは、「イジメ問題に深く関わろうとしない教師」の問題である。 イジメをする人間に共通する要素がある。 それは「悪いことをしても悪いとは思わない」ということと「悪いことを指摘されても反省しない」ということ。 反省して改めるのではなく、「自己弁護」「自己防衛」に励む傾向がある。 善悪の区別がつかない子供を育てた責任は親にあり!

『実名、顔出しでイジメと闘う佐藤和威さんにエールを送る!【後編1】 ~裁判の限界と裁判官に潜む問題とは?~』

イジメ被害者が教師(学校側)に申告、相談しない原因は被害生徒にあるのではなく、教師(学校側)にあるという認識が正しい教育の姿勢であり、ことの是非の判断である! 重要なことは「真面目な人がバカを見る社会」「悪いことをした人が罰せられない社会」「落ち度のない被害者が救済されない社会」は人間不信と社会不信を生み出す、ということだ。

『実名、顔出しでイジメと闘う佐藤和威さんにエールを送る!【中編】 ~学校側と保護者には、本当に責任がないのか?~』

「私は、12歳だった当時の僕のため、そして、同じようにイジメ被害に苦しむ人のために、もう一度、勇気を振り絞って闘いたいと思います。この裁判を通じて、イジメで苦しむ子が少しでも減るような世の中になることを心から願っています」 「市側にあった加害行為(安全配慮義務違反)は認められませんでした。第一審と同じように、“こういう被害行為にあった子どもは、死んだほうがいい”と言われているようなもの。このような判決だと、当時の自分を含め、同じような被害にあっている子というのは救われることはない」

『実名、顔出しでイジメと闘う佐藤和威さんにエールを送る!【前編】 ~これはイジメと呼ぶべきではなく、犯罪と呼ぶべき(一審裁判)~』

「イジメ」とは何でしょうか? 「イジメ」は、なぜなくならないのですか? 「イジメ」はどうすればなくなるでしょうか? 2013年3月に当時の教育長は記者会見で以下の発言をしている。 「本件はイジメではなく、犯罪である」

『「ブラック校則」がはびこる“もう一つの理由”とは? ~ご意見番による学校改革の提言!~』

実は、もうひとつ組織運営上の大きな問題点があります。それは、学校というものが、「軍隊方式」となっていることです。 正確に言うと、学校の運営方式が「軍隊を模倣している」ということです。 日本の教育は、「やってはいけないこと」つまり、禁止事項を学校が勝手に規定し、それを破ることに対して積極的に反応するという「禁止事項列挙型のネガティブリスト方式教育」なのです。

『体操着の下に肌着を着用することを禁止する指導はセクハラ教育! ~ブラック校則問題やセクハラ教育が平然と学校で起こる根本の理由とは~』

「胸の成長」を確かめるというのは、「セクハラ」以外の何ものでもありません。 どんな教育上の名目もそこには入りこめません。 一般社会では立派な「性犯罪」となります。 なぜ、「肌着着用禁止」などという呆れた指導(人権無視の指導)がなされるのでしょうか? なぜ、「茶髪禁止」「白の下着以外禁止」などというブラック校則がはびこるのでしょうか? それは、「学校現場を牛耳っているのは社会主義思想(全体主義思想)」だからです。

『神戸市の小学3年生が「消しゴム」を忘れて3時間半立たされる! ~「虚言」を吐く教師には児童を教育する資格はない!~』

児童を立たせた教師に聞く、教諭が「罰として立っていなさい」と言っても命じてもいないならば、児童はなぜ教室の前方にある教諭の机の脇に立ったままの状態だったのか? この教師の「言い逃れ」「責任転嫁」「教師としての無責任」「人としての倫理観のなさ」にご意見番は怒っている!

『千葉県野田市の児童のイジメによる自殺問題調査結果に抗議する!! ~イジメは児童が自殺する最も大きな主たる要因である!!~』

子どもが自殺するほとんどがイジメであり、自殺する大きな意味は、「僕が死んだら真実を明らかにして」「僕が死んだら、僕をイジメたやつらを糾弾して」というメッセージがそこに込められているのだ。 こんな調査は納得がいかない! まだ、可愛い盛りの小学生の我が子を無くした両親の気持ちを蔑ろにする行為でしかない。