CATEGORY

改革・変革を求める

『フジテレビ崩壊の序曲が鳴り響く【後編】 ~フジテレビ崩壊の原因は社員にもあり!~』

テレビ業界の人たちにはこの庶民感覚が理解できていない、と言わざるを得ず、それが根本的な間違いである。 娯楽としての番組は一定の役割はあるものの、本質において腐っているのがテレビ業界なのです。 ですから、テレビ局が発信する情報は、必ず「偏った情報発信」である、「印象操作されている情報」である、「世論操作している情報」である、「ミスリードしようとしている情報」である、そう思うことです。 決して“鵜呑み”にして簡単に全幅の信頼をしいないことです! そこにあるものは個人としては「エリート意識」であり、組織としては「権力志向」なのです。

『フジテレビ崩壊の序曲が鳴り響く【中編】 ~フジテレビの病理を解析する!~』

もっと深刻な企業体を蝕む問題は“社員の流出(退職)”なのです。 その現象は必ず組織体を弱体化させます。 チャレンジとは責任を負う覚悟の上に成り立つのです。 逆に自己保身とは責任回避の現れでもあるのです。 強力なライバルが現れた市場で、チャレンジ精神を失った組織体は破れる宿命から逃れられないのです。

『自民党員総裁選システムは民意を反映しているとは言えない! ~政党の代表を選ぶ「民主主義的システム」の提言!~』

民主主義の基本中の基本は「国民が選ぶ」です。高市早苗氏が自民党総裁、そして総理大臣になって一番期待できることは、「国家防衛(防衛政策)であることは間違いないでしょう。 しかし、同時に高市早苗氏には、大きな危険性があると指摘しておきます。 「金融所得増税」その先にある「現預金課税(貯蓄税)」の二つは明確に憲法で保障されている個人資産への侵害(財産権の侵害)です。個人の財産権を尊重するのが「自由主義」である。

『特定の帰化人(政治家と公務員)の情報を公開し、国家安全上のスパイ活動や破壊工作を防止する法の整備が急務! ~蓮舫議員が驚愕する、スパイ活動・破壊工作を防ぐ「特定帰化者情報公開法」の提言!~』

広義の意味での戦争は「情報収集をするスパイ活動」「潜入した国家の破壊活動、混乱を招くための攪乱活動」から始まるのです。 それが軍事学からみた戦争の常識です。 戦争とは、スパイ活動から始まり、戦闘の優劣で決着がつき、講和条約などによって終るものなのです。 それが国際社会の常識です。

『「ブラック校則」がはびこる“もう一つの理由”とは? ~ご意見番による学校改革の提言!~』

実は、もうひとつ組織運営上の大きな問題点があります。それは、学校というものが、「軍隊方式」となっていることです。 正確に言うと、学校の運営方式が「軍隊を模倣している」ということです。 日本の教育は、「やってはいけないこと」つまり、禁止事項を学校が勝手に規定し、それを破ることに対して積極的に反応するという「禁止事項列挙型のネガティブリスト方式教育」なのです。

『フジテレビの世論調査、「重大な放送倫理違反」と結論(BPO) ~メディアタブーを破る改革の提言!~ 【シリーズテレビ局の腐敗を糾弾する3】』

いま必要なことは「メディアタブー」を打破することです! 「メディアタブー」とは、マスコミが自分たちの悪事を世間に知らせない(触れないでスルーする)ことです。 世直しご意見番は、総務省に対して「フジテレビ地上波放送免許の取り消し」を求めます!!

『福岡県及び佐賀県の中学校の校則を調査した弁護士会によって明らかにされた生徒への人権侵害【後編】 ~学校制度の改革を提言する~』

学校側が校則を定める場合は、その学校の生徒会の賛成を得なければならない。 生徒会は、学校側が定めようとする校則について、生徒会メンバーにて投票を行い、校則の可否を問う。 また、生徒会の投票にて、学校側が定めようとする校則が可決されたとしても、その結果に対して在校生徒は異議申し立てをすることができる。

『福岡県及び佐賀県の中学校の校則を調査した弁護士会によって明らかにされた生徒への人権侵害【前編】 ~学校の人権侵害とは?~』

生徒の「服装」「髪型などに関すること」「下着に関すること」などは教師がとやかくいうべきことではありません。 ましてや校外に関する校則など基本的に存在することが許されないものです。 教師の言うことを聞かせるために家畜のように強制している不合理な校則は排除するべきです。 髪型や持ち物、下着などは生徒の自由であり、生徒の個性を尊重するべきです。

『マイク・ポンペオ国務長官の衝撃的発言の真の意味! ~中国共産党のファイアウォールがやぶられたとき、中国共産党は崩壊する!~』

それに対してポンペオ国務長官はこう答えた。 「トランプ政権は2期目へ円滑に移行するだろう」 中国共産党独裁政権(習近平国家主席)が、一番恐れているのは「ファイアウォールが崩壊すること」による「自由な情報のやり取り」なのです。