CATEGORY

警告!

『TikTokは北京の「侵略ツール」? ~これからのSNSは楽しいだけじゃダメ‼~』

これからのSNSは、「楽しいだけじゃダメ」「自己表現ができるだけじゃダメ」そう思いませんか? 見ず知らずの人に、安易に個人情報を教える人はいないでしょう。 敵対する国家によるプロパガンダを許すという国民はいないでしょう。 ですが、現実には個人情報は見られている(盗まれている)し、国家規模での情報戦(サイバー戦、プロパガンダ戦など)を仕掛けられています。

『コロナ飲み薬はワクチンよりも猛毒?!【後編】 ~イベルメクチンを葬った真の理由とは?~』

2020年4月に日本政府はイベルメクチンをCOVID-19の治療薬として適用外使用を認めていました。 ですが、その後イベルメクチンは政府、メディア(SNS含む)などから無視され、なおかつ排除されてきました。 それはなぜでしょうか? イベルメクチンであれば、ワクチン接種と同時並行して使用する作戦が取れたのです。 そうなるとイベルメクチンの効果によってワクチン接種は不必要となり、その後に予定されている新薬としてのコロナ飲み薬も不必要となるからです。

『コロナ飲み薬はワクチンよりも猛毒?!【前編】 ~コロナ飲み薬による疾患は追跡不可能?!~』

コロナワクチン接種を厚生労働省の職員の9割がしていない。 また、国会議員などの政治家のほとんども未接種のはずです。 コロナ飲み薬でも同じことが起こる可能性が高いと予測されます。 ですから、今度こそ騙されずに政治家や官僚たちがコロナ飲み薬を使用するかどうかをよく見ることです。 それからでも遅くはないと思っています。 良い薬だと進めるならば、「進めるあなたが先に飲め」ということです。

『ワクチンは意図的に作られた毒薬?! ~いま、必要なことは「真実を知ること」「真実を知らせること」~』

何の理由もなく、全世界で大規模にワクチン接種をさせることは無理です。 全世界規模のワクチン接種をさせるためにパンデミックは計画された、ということです。 ワクチン接種を理由づけするために未知なるウイルスによるパンデミック発生が必須だった。 ワクチン接種者が死亡しても、それを調べたとしても、そもそも「ワクチン接種が原因だと特定できない設計」となっているからです。 つまり、「証拠を残さない毒殺(毒薬)」だということです。

『コロナワクチン接種後のアスリートの死亡が頻発している!』

プロのスポーツ選手が試合中にコンディションを崩す、あるいは倒れるという事態は通常では“ありえません”。 しかし、コロナワクチン接種が進んだ世界中にて、スポーツ選手が試合中や練習中に死亡または倒れるという現実が頻繁に起きています。 「運動中、心原性突然死のケースは稀だ(心臓専門医)」

『COVID-19の秘密とインフルエンザの驚愕の仮説とは? ~「新型コロナ」も「インフルエンザ」も人口の管理と削減を目的とする地球規模の計画?~』

「COVID-19(コロナウイルス)は『人口知能による予防接種を識別する証明』という意味です」。 つまり、「未来社会における超監視社会が始まった」ということです。 「どうして、同時にインフルエンザがなくなるのでしょうか?」 「毎年インフルエンザがばら撒かれているとは考えられませんか?」。 インフルエンザがまるでスイッチを押した(ON,OFF)ように消えたりするのならば、人為的な何かがあるという仮説も十分にあり得ます。

『モンタニエ博士とチャールズ・ホフ博士からの警告! ~コロナワクチンの危険性を警告する世界的権威の頭脳(見解)を誰が否定できるのか?~』

モンタニエ博士は「こんなことは狂気の沙汰です。キチガイいじみたワクチン接種を私は絶対に非難します」と警告しています。 モンタニエ博士の警告が導き出す答えは「一定数の人口を削減するためにワクチンという凶器が使用された。それも医学の仮面を被った偽装をして」ということです。 つまり、コロナワクチンそのものに血栓を作り出す作用があるということです。 これを隠すために政府とメディアは「副反応」という用語を使用しているのです。

『新型コロナワクチンの副作用報告の80%が女性? ~SARS2及びmRNAワクチンは生殖機能不全を引き起こす?~』

みなさんご存知だと思いますが、厚生労働省にはワクチンの有害事象報告(副作用被害)が定期的に資料として提示されています。 注目すべきは、報告の中で死亡事例や症状が重いとされたり未回復の事例に「女性」が圧倒的に多いことです。 COVIDワクチンが精子、卵子、胎盤のシンシチンおよび生殖タンパク質と交差反応し、出産性の低下と生殖および妊娠の結果の低下につながると信じる確かな理由があるのです」 嘘か本当か、あなたが判断してみてください。