CATEGORY

警告!

『「夫婦別性」論争にもの申す! ~夫婦別性制度は日本社会の破壊をもたらす!~』

夫婦別姓は、必然的に「親子別性」をもたらします。 つまり、夫婦別姓論者は、「子どもの立場を無視または軽視」しているのです。 考えているのはあくまでも「個人である自分たちだけ」なのです。 「夫婦別性制度」の問題点は、家族よりも個人を優先して考える結果、「家族の絆」を破壊し、「共同体として家族」を崩壊させかねないことです。 それが意味することは、日本の中国化であり、共産主義化なのです。 夫婦別姓は、日本人の精神構造を破壊してしまうのです。

『ワクチンパスポートは「隠語」!ワクチンパスポートの本当の「名』は?【後編】 ~ワクチンパスポートは左翼のアイディア=「陰謀」!~』

「ワクチンパスポート」は、絶対にダメです!! なぜなら、ワクチン接種は任意、各自の判断に基づく自由であるからです。 「ワクチンパスポート」は、「隠語」です。 または、「仮名」です。 本当の名は・・・。

『ワクチンパスポートは「隠語」!ワクチンパスポートの本当の「名』は?【前編】 ~国民の認識は「用心すれば、新型コロナ恐れるに足りず」に変化した!~』

ワクチンパスポートが日本において法的根拠を持つために必要なことは? 「COVID-19が著しく重大な被害を出していること(国内で)」です。 ですが、日本では、「総人口の1%しか感染していない」のです。 「99%の人は1年半の期間、まったくCOVID-19にかかっていない」のです。 20歳未満の死者はひとりも出ていないのです。 20代、30代もほとんど死者をだしていないのです。 この状況は「著しく重大な被害」とは呼べません。 国民の認識は「ナゾのウイルスによる恐怖と不安」から「用心すれば恐れるに足りず」に変化したのです。

『女性宮家誕生と女系天皇誕生の行きつく先は、日本が中国化する国家崩壊の危機!【後編】 ~皇位継承問題に潜んでいるのは「日本破壊計画」「日本乗っ取り計画」!!~』

天皇の皇位継承がなぜ男系に限るのかというと、具体的には血筋の統一ですが、その奥に日本と天皇を含む皇族にとって忘れてはいけない重要な問題があるのです。 男系男子の皇位継承に潜む問題とは、ずばりいうと「天孫降臨」です。 彼らの狙いは「日本の中国化」であり、「日本の弱体化」です。 「日本という国家の破壊」です。

『女性宮家誕生と女系天皇誕生の行きつく先は、日本が中国化する国家崩壊の危機!【前編】 ~旧宮家復活で日本の国体を守れ!~』

日本人にとっての天皇とは、日本人のアイデンティティであり、日本という国家の精神的主柱でもあり、結束の力そのものです。 「天皇及び皇族の養子を禁止」も「旧宮家廃止」もGHQの日本弱体化計画のもとに行われた占領政策です。 いつまでGHQの亡霊に怯えているのでしょうか? 今こそ、GHQの占領政策からの脱却が必要なのです。 日本は本来の姿に戻るべきなのです。 日本古来の伝統を取り戻すべきなのです。

『改正銀行法は国家の危機を招く“諸刃の剣”! ~日本はスイスの「民間防衛」に学ぶべき!~』

改正銀行法は“諸刃の剣”である。 銀行が経営権も持つようになった場合、短期利益主義の銀行は、すぐに現金化することがあり得るため、経営権を握った企業を外資に売り飛ばすことが可能となってしまう。 要するに、侵略者たちは、「権力者(政治家)」と「マスコミ」を利用することで、知らず知らずのうちに侵略国家と同じ価値観に染め上げてしまうのです。 それは侵略されている国家の国民が気づかないように行われます。

『新型コロナウイルス(サーズ2)は、武漢研究所で作られた生物兵器という証拠が出た!【後編】 ~パンデミックを引き起こしたウイルスの起源は、「そのウイルス名」にあり!!~』

「SARS-cov-2」というウイルス名が意味することは、SARS2が中国で作られた人口ウイルスであることなのです。 ウイルスの起源を巡る真相はウイルス名に隠されていたのです。

『新型コロナウイルス(サーズ2)は、武漢研究所で作られた生物兵器という証拠が出た!【前編】 ~主要メディアが伝えない最重要情報はウイルスの起源に関する情報!~』

新型コロナウイルス(サーズ2)が人口ウイルスである証拠とはなんでしょうか? それはウイルス(サーズ2)から、「固有の指紋が発見された」ことです。 その固有の指紋とは、「実験室で人為的に手を加えた場合だけにあらわれるもの」なのです。

『暴君小池都知事の「東京都子どもを受動喫煙から守る条例」にもの申す!&タバコ税は高すぎる=庶民に対する圧政(悪政)にもの申す!【前編】』

「受動喫煙から保護する」と言っておきながら、「努めなければならない」という努力義務なんですね。 全然保護していないんです。 要するに、この条例は「本当に子どもを受動喫煙から守るように出来ていない条例であり、出来ない条例」だ、ということです。