CATEGORY

警告!

『ディープステートの常套手段「両建て」とは? ~隠れているグローバリストがどこかにいる!~』

悪い奴は、必ず仮面をつけ、隠れ蓑を被って正体を隠します。 本性を見破る者は攻撃して逆に悪者に仕立てあげます。 悪い奴らは必ず「前提」で騙します。 “自由と民主を奪う者(偽装する者)“は国家の守護者ではなく、国家の破壊者なのです。 “倫理の欠落した者”は国民の幸福の実現者ではなく、国民を堕落へと導く社会の破壊者なのです。

『【緊急課題】2024年世界統一政府が始動する?!【追記編】~WHOとは何か? 国家とは何か?~』

どうしてもWHOに従いたくば、「選挙」にて国民に問うがよい! 選挙にて主要な政策として国民に判断を問うことだ! 国民はパンデミック条約及びIHR改訂の内容を吟味して、政治家を選別することだ! しかし、国民は理解するべきです。 ことは「急を要する」と!

『【緊急課題】2024年世界統一政府が始動する?!【後編】~自由と人権を守る唯一の手段は「WHO脱退」&「WCH加盟」!~』

自国政府の支配が“領域”とその土地に住む“民”に及んでいること。 これが「主権」と言われるものなのです。 国家主権とは、他国の何者にも譲ることのできない独立かつ絶対の統治権なのです。 ですから、一部とはいえ、主権が奪われる(喪失)ということは“統治権の放棄(破棄)”であり、“隷従する国家”という意味になるのです。 WCH日本支部が立ち上がったので、多くの国民は知るべきです。 あなたも家族や友人、知り合いなどにWHOの企みとWCHの存在を伝えてください。

『【緊急課題】2024年世界統一政府が始動する?!【前編】~WHOのパンデミック条約・IHR(国際保健規則)改訂は世界独裁体制の樹立!~』

WHOのパンデミック条約及びIHR改訂の問題は、いま対処するべきプライオリティ・レベルMaxだと言っておきます。 もし、そうした自由の無い(選択肢の自由が無い)世界、人権を奪われた世界が嫌だと思うならば、“抵抗”するのです。 日本政府やWHOに対し「NO!」と拒絶の意志を突きつけるのです!

『コオロギを食べるとプリオン病になる可能性がある!【後編】~グローバリストが仕掛ける“危険物”はコロナワクチンだけではない!~』

昆虫の体内はさまざまな寄生虫がいるだけではなく、微生物が昆虫の体内にまるで宇宙を形成するように存在している。 「コオロギは食用に適さない危険性の有るもの」 「コオロギを食べる必要性はない」 さらに細菌、ウイルス、カビの仲間などが昆虫には含まれている。

『コオロギを食べるとプリオン病になる可能性がある!【前編】~治療法のない致死性のプリオン病を発症する可能性があるコオロギ食を推奨することは「傷害罪」とみなすべき!~』

あなたはすでに“コオロギ”を食べましたか? 国民が知らなければならないのは、「コオロギ食を好むか好まないか」ではないのです。 コオロギを食べることによって人体にどんな影響があるのかを知ることです。 取り返しがつかないうちに、この問題を世間で真剣に取り上げ、嫌なものは嫌、ダメなものはダメと国民が意思表示しないと、将来的に大変なことが起きる可能性がありますよ。

『「放射線育種米について農水省に問い合わせました」という情報について論じる【後編】 ~行政主導の放射線育種米の開発普及は、既存の品種を育てている米農家を廃業に追い込みかねない!~』

今後、放射線育種米が全国的に広がり、既存の品種を扱わないような行政指導・政策が行われるならば、それが意味することは「放射線育種米を作りたくない農家は廃業しろ!」なのです。 それは回り回って日本の農業の衰退でしかなく、同時に外国産の安全性が疑わしい米の輸入にもつながっていくのです。 食の危機は「国民の命と健康の危機」であり、食料自給率は「自国防衛」を意味しているのです。

『「放射線育種米について農水省に問い合わせました」という情報について論じる【前編】 ~農水省の回答は不誠実・論理矛盾・消費者無視。全国民に対して真摯に説明をせよ!~』

農水省穀物課の方の回答は「詭弁」以外のなにものでもありません。 こういう手法を何というか? 「ごまかし」と言うんです。 主権者である国民、それも農業に携わっている人(石原さん)から「放射線育種米の問い合わせ」がきたにもかかわらず、危険性については「害がない」「語弊がある」などとはっきりと答弁しているにもかかわらず、カドミウムの被害(米の)に関しては「無回答」なのです。 国民は知るべきです、「官僚が無回答をする理由」を!