MONTH

2022年2月

『人類に偉大なる貢献をしたリュック・モンタニエ博士に哀悼の意を表して【後編】 ~モンタニエ博士からのメッセージ~』

リュック・モンタニエ博士の名を人類は決して忘れはしないでしょう。 モンタニエ博士は真実と正義を貫いた科学者として歴史に名を刻んだのです。 願わくば、汚名が濯(そそ)がれ、名誉が回復されることを強く祈念いたいます。 謹んで、モンタニエ博士のご冥福をお祈りいたします。

『人類に偉大なる貢献をしたリュック・モンタニエ博士に哀悼の意を表して【中編】 ~医療従事者及び製薬会社はヒポクラテスの誓いを順守するべき!~』

医学の倫理について話しよう。ヒポクラテスの誓いから始めよう。 我々は倫理を尊重しなければならない。患者を癒し、治療しなければならない。彼らを殺害してはならない。しかし、不幸なことに我々が間違いなくそうやっている。 モンタニエ博士はウイルス学の世界最高峰です。 その方が「SARS2は人口ウイルス」であり「コロナワクチンは毒物」であると言っているのです。

『人類に偉大なる貢献をしたリュック・モンタニエ博士に哀悼の意を表して【前編】 ~人の死に際する報道にもの申す!~』

モンタニエ博士の主張に反論があるならば死去を伝える報道時ではなく、別の機会にするべきです。 それが報道の正しいあり方です。 モンタニエ博士のHIV発見とその後の研究の業績を認めるならば、博士の反ワクチン及び新型コロナウイルスに関する科学的見解を認めるべきです。 モンタニエ博士のこの言葉の意味は、「武士道精神」の現れと言っていいでしょう。 つまり、「死を思って義に生きる」「死を覚悟して奉仕に生きる」「死ぬ覚悟を持って真実を明らかにする」ということです。

『強制ワクチン反対とイベルメクチン有効を主張すると弾圧される? ~COVID-19政策(ワクチン強要)は人権と言論の自由を奪っている!~』

「ワクチン強制接種が間違っていると主張する」 「イベルメクチンがCOVID-19に有効であると主張する」 この2つを主張すると弾圧される。 これは恐ろしい社会になっているということです。 人権と自由が奪われているということです。 「ワクチン接種を強制すること」は人権侵害です。 自由を奪うことです。

『「魔法の薬」と称賛されるイベルメクチンをなぜ公式承認しないのか? ~イベルメクチンを公式承認しない奥にある思惑(計画)とは?~』

もし、COVID-19(パンデミック)を収束させる薬があったら使いたいと思いませんか? パンデミックを収束させる「魔法の薬」はすでに存在しています。 アバターが仮想空間で活動する社会を本気で目指し、そこに「地球政府」を置く。 その利益と支配権を独占する。 それを実現しようとしているのがDSです。

『ツイートのスクショは著作権侵害の裁判にもの申す!【後編】 ~スクショツイートは表現の自由と言論の自由を担保するために認めるべき!~』

今回の裁判所の判定は「実際のTwitterの使用実態を無視したもの」と言えます。 重要なことは、「正当な批判は認められるべき」「自衛の手段として対抗言論は必要不可欠」であり、「悪質な誹謗中傷、名誉毀損は内容で判断するべき」であって、言論の自由はよほどのことがない限り認めなければならない、ということです。 それは「公正な慣行」に反する判断だと言っておきます。 「言論には言論を持って対抗することは許されるべきである」

『ツイートのスクショは著作権侵害の裁判にもの申す!【前編】 ~スクショツイートが著作権侵害であるかを検証する!~』

Twitterの場合、著作権侵害に該当するためのポイントは、ツイートが「文芸、学術、論文などの著作物と同等の価値を有するものであること」である必要があります。 もう一つのポイントは、引用が「公正な慣行に合致するものであり、批評などを加えるための使用であり、なおかつ、公表された著作物であれば引用が可能となる」ということです。 これが、著作権法を素直に理解したときの観点です。

『ワクチン接種政策は公明党=創価学会の策略? ~現職の国会議員が「ワクチンは人口削減」と発言した!~』

「食料危機になって困る。だから人口をある程度、削減する必要がある」 「多産多死、多く産んで多く死ぬというのは良くない。だからワクチンを普及させることによって、少産少死、少なく産んで少なく死ぬようにする」 この政治体制は「全体主義政治」です。 全体のために一部の人間を犠牲にする。 地球全体の人口をコントロールするために、一部の人間(罪もない人)の命を犠牲にする、という政治体制です。

『12歳以下の子供へのワクチン接種にもう申す! ~イギリスでは15歳以下の子供へのワクチン接種承認を拒否し、沖縄では子供へのワクチン接種停止を求めている!~』

保護者とすれば、「もし、万が一、将来ワクチン接種によって被害が出たら…」と不安に思うことは当然だと思います。 逆にそれを考えず、テレビの流す情報を鵜呑みにして子供にワクチン接種をしてしまい、将来に何らかの障害や副作用が出た場合、後悔してもし切れないでしょう。 日本全国の学校(教師)は、「子供の将来に責任を取れるのか?」と問われて「はい、取ります」と答えることはないでしょう。 では、政府は責任を取ると思いますか?